1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんのうた 第四集

先程、友人よりメールでCDレビューが
届き思い立ったが吉日ということで、
エントリー作成を試みる。

友人のレビューしたCDというのが、
「にほんのうた第四集」というタイトルのCDである。

数年前に、第一集が出て日本の四季に
対応したコンセプトで今回の第四集が
冬の童謡・唱歌を集めた、シリーズ完結編となる。





なぜこの童謡・唱歌のCDを取り上げるかと言うと、
ご存知の方も多いかと思うが、私が好きな
教授こと坂本龍一氏がエグゼクティブプロデューサー
をつとめ、もちろん氏自身もアルバムに参加して
いるが、第一回に引き続き今回第四集にも
プレイヤーとして参加されている。

さらに、今回完結編ということで、2回、3回
に負けず豪華メンバーになっているが、なかでも
私が尊敬してやまない細野晴臣氏も参加されている。

ほかには、このブログにも登場頂いたことがある
中納良恵、元ちとせ、嶺川貴子と豪華メンバー
が名を連ねる。

友人曰く、9曲目の嶺川貴子+rei harakamiの「ペチカ」が
良いとメールでプッシュしていた。私はまだ
完全には聴いてないが、アマゾンで視聴して
みたところ、教授や細野さんの曲も気になるが、
元ちとせの冬景色が気になった。

南国生まれで、あの奄美特有の歌いまわしで
冬の歌を歌い上げる。なかなかミスマッチで
新鮮さが感じられる。

今回のこの「にほんのうた」シリーズのように
日本に昔から伝わる音楽を現代のミュージシャンが
違った解釈で歌い、演奏する試みは非常に
意義深いものであると思う。

教授のようなアーティストが声をかけたから
今回までの、四集には日本の名だたるミュージシャン
歌手の方が参加されているかもしれないが…。

童謡・唱歌を見つめ直すという面もあるが、
アーティスト、歌手としての違った側面を
発見出来るであろうし、今回で終りでなく
また違ったアプローチで童謡・唱歌を
題材にCDを作成してもらいたい。

一音楽ファンからの要望である。

にほんのうた 第四集
「にほんのうた 第四集」
 [CD]
 アーティスト:童謡・唱歌,Saigenji,手嶌葵+坂本龍一他
 レーベル:commmons
 発売日:2010-01-27
[DISC1]
1.村の鍛冶屋
2.北風小僧の寒太郎
3.冬の星座
4.小ぎつね
5.とうだいもり
6.たきび
7.冬景色
8.冬の夜
9.ペチカ
10.雪
11.雪の降るまちを




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。