1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アダム・ランバート(Adam Lambert)

音楽情報サイトBARKS( http://www.barks.jp/) の
注目アーティストの欄を見ていたら、6位の木村カエラ
一つ上に、見慣れない名前があるのに気付く。

Adam Lambert(アダム・ランバート)。

流行に疎い私である。初めて見る名前で
どのようなアーティストであるかも皆目見当が
付かない。

すぐさまネットで調べてみる。

その前に、ちょうどBARKSの情報があるので
そちらを先に覗いてみた。






1982年、米インディアナ州生まれ、
カリフォルニア州サン・ディエゴ育ち、ロサンジェルス在住。

これかすると、今年27歳になるようである。

10歳から演劇やりーの、バンドもやりーので
ミュージカルなどにも出演経験があるとのこと。

で、昨年「アメリカン・アイドル シーズン8」という
スター発掘番組で、一躍脚光を浴びたとのことである。

スーザン・ボイルやポール・ポッツみたいな感じであろう。

それから、急激に人気が出てアダムが表紙を飾った
「Rolling Stone誌」が売り切れたり、今最もセクシーな独身男性2009
に選ばれたと書いてある。

日本のジャニーズタレントのような感じであろうか?

BARKSの記事に添えてある写真がまたヘアースタイルといい、
出で立ちがイケメンぽく写っている。


ここまで見ると、ジャニーズやイケメン系で人気があるんだと
察しがついてくる。

となると、調査は終了しそうな感じであったが、BARKSの
記事に番組史上最高の賞賛などと書いてあったので、歌は上手い
ようであると推測し、取り敢えず続けて別のサイトで調査を進める。

まず、ウィキを見ると冒頭部分はBARKSと似たような事が書いて
あるが、途中オーディションでマイケル・ジャクソンの「Black or White」を歌い、
審査員全員から賞賛を浴びたとか、KiSSやクイーンと共演した
ように書いてあるので、これはちょっと動画で見たいと
思い、すぐさまYoutubeで探してみる。

で、いくつか動画が出てきて、再生し歌声を聴いてみた。

・・・・・・・・・・・・。

オジサンには今一つ、分からない。
そんなに凄いか?ってのが正直な感想である。
で、ウィキの記事に戻り、続きを読んでみると…。

あー、と納得する事実が目に飛び込む。

同性愛者であり、それをカミングアウトしたそうである。

これはローリング・ストーン誌だけでなく、マスコミが
飛びつきそうな事実である。

また、その事を炎上させるような出来事が昨年11月22日、
アメリカン・ミュージック・アワードでのパフォーマンスで
男性ダンサーの頭を自分の股間に近づけたり、
男性キーボード奏者とディープキスをし、
テレビ局に多数の抗議が寄せられたそうである。

なにやら、思うつぼって感じがするが…。


フォー・ユア・エンターテイメント
「フォー・ユア・エンターテイメント」
 [CD]
 アーティスト:アダム・ランバート
 レーベル:SMJ
 発売日:2010-03-10
[DISC1]
1.ミュージック・アゲイン
2.フォー・ユア・エンターテイメント
3.ウォント・フロム・ミー
4.ストラット
5.ソークト
6.シュア・ファイア・ウィナーズ
7.ア・ローデッド・スマイル
8.イフ・アイ・ハッド・ユー
9.ピック・ユー・アップ
10.フィーヴァー
11.スリープウォーカー
12.アフターマス
13.ブロークン・オープン
14.ミラクルズ (US盤ボーナス・トラック)
15.マスター・プラン (日本盤ボーナス・トラック)
16.ダウン・ザ・ラビット・ホール (日本盤ボーナス・トラック)
17.ノー・バウンダリーズ (日本盤ボーナス・トラック)
18.ヴードゥー (日本盤ボーナス・トラック)





テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。