1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年、最も稼ぎ出したミュージシャン・トップ10


今回もBARKSから。

本題に入るまえに、BARKSの今日のニュース欄に
今の時期に相応しい記事が目についたので、最初に
その話題を少し。

元記事:10代が思う、卒うたランキングTOP10

卒業シーズンなのでこの時期この手のランキングは
よく目にする。やはり卒業式の時にかかっていた曲と
いうものはかなり印象に強く残るもので、私たちの時代は
蛍の光や仰げば尊しが定番であった。

それが、いつ頃からか日本の歌謡曲、JーPOPなどが
卒業式にかかるようになって、作り手であるミュージシャンも
この時期にあった楽曲を発表するようになってきている。





そんな中、コカ・コーラ ハッピーティーンズクラブで行なわれた
アンケート「卒うたランキング」の結果が発表となったそうで、
今のティーンエージャーの生の声が集計されている。

で、ランキングは以下の通り。

みんなが選んだ卒うたランキング
1位 レミオロメン/3月9日
2位 いきものがかり/YELL
3位 EXILE/道
4位 アンジェラ・アキ/手紙 ~拝啓 十五の君へ~
5位 コブクロ/桜
6位 GReeeeN/遥か
7位 川嶋あい/旅立ちの日に…
8位 森山直太朗/さくら(独唱)
9位 合唱曲/旅立ちの日に
9位 Janne Da Arc/振り向けば… ※同率9位

知らない歌ばかりである。www
唯一、8位の森山直太朗のさくらだけは知っていた。
あとから、ネットでチェックせねば。


で、今日の本題であるが、昨年2009年に一番稼いだ
ミュージシャンは誰か?
という話題である。

誰もが気になるこの話題。

ショウビズの世界だけに桁が違うであろうと
思ってランキングを見てみるとやはり稼ぐ桁が我ら
庶民とは桁が全く違う。

記事にも書いてあるが、やはりミュージシャンはツアーが
一番の稼ぎどころだそうで、やはりU2のツアーとなると
チケットは直ぐに完売するであろうし、その収益力は凄まじい
ものがあるであろう。

U2が去年96億ほど稼いだそうである。

単純に四人で割ると、一人当たり24億稼いだことになる。
もうこれまでにも相当稼いでいるはずである。これから先
活動を停止するまでU2はどれだけ稼ぐのであろうか?
天文学的な数字になるのは間違いないであろう。

Billboard誌が発表した<2010 Money Maker>トップ10は以下の通り。

1.U2 108,601,283ドル
2.ブルース・スプリングスティーン 57,619,037ドル
3.マドンナ 47,237,774ドル
4.AC/DC 43,650,466ドル
5.ブリトニー・スピアーズ 38,885,267ドル
6.ピンク 36,347,658ドル
7.ジョナス・ブラザーズ 33,596,576ドル
8.コールドプレイ 27,326,562ドル
9.ケニー・チェズニー 26,581,141ドル
10.メタリカ 25,564,234ドル

この業界は不況は関係ないのであろうか?





ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。