1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デビッド・ボウイ、ひっそりと「老後」を満喫か

お久しぶりにデビッド・ボウイの記事を目にした。

元記事:http://www.asahi.com/showbiz/enews/RTR201003020058.html

記事によると、音楽活動を中断してひっそりと「老後」生活を
送っているようだとのこと。「老後」とは、なにやら寂しい限りである。

しかし、年齢が63になっている。






ナイル・ロジャースをプロデューサーに起用したアルバム
「レッツ・ダンス」がもう30年近く昔になる。

つい最近のことのようである。www

どうりで、デビッド・ボウイも私も年を取るはずである。

私が高校生の頃のデビッド・ボウイ人気は凄かった。
同級生の女子が目の色を変えて色々な雑誌を見ていたのを
覚えている。あの頃はジャニーズのタレントより間違いなく
人気があった。私の田舎では。

記事には、アルバムは2003年以降発表しておらず、
コンサートも2004年にヨーロッパツアー中に心臓発作を
起こして中止となっている。

この心臓発作の事は知らなかった。と言う事は、体調が
すぐれず音楽活動を自粛、隠居?のような状態になって
いるのであろうか?

アルバム作ると、プロモーションがついてまわるであろうし
その後はツアーもしないといけないとなると心臓が芳しく
ないのであれば無理は出きまい。

記事の最後に書いてある、『ベース奏者のゲイル・アン・ドーシー氏は
「ただおとなしく父親をやっているのだと思う、待つしかない」と話した。
また、ボウイの伝記を書いたマーク・スピッツ氏は「ローリング・ストーンズ
のようにはずっと活動したいと思わない人たちもいる」とし、
復帰への望みをだんだんと失いつつあると語った。』これを
読むとミュージシャンとしての復活はかなり望みは薄いようである。

また一人伝説のミュージシャンが表舞台から消えてしまった。






ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。