1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The New Mastersounds(ザ・ニュー・マスターサウンズ)

今ここで、その辺の子供に

「おっちゃん、ファンクって何?」って聞かれたら

迷わずこのバンドを薦めます。

それほど今はまっているファンクバンドであります。
いつもながらちょっと遅いかと思いますが・・・。



The New Mastersounds

このバンドと遭遇したのは、それほど昔ではないと記憶しております。

地元のタワーレコードのおすすめCD試聴コーナーで
なにげに聞いたら、すぐさま気に入りCDを購入してしまいました。

上の動画は、ハモンドオルガンがかなりフィーチャーされてますが
バンドそのものがファンクな音をしていますのでハモンド以外の音にも
注目してみてください。

今ファンクなバンドっていったらこのバンド
あげる人、相当数いると思います。

ですよね。

その私が、初めてタワーレコードで試聴して買ったCDが

102%
「102%」
 [CD]
 アーティスト:The New Mastersounds
 レーベル:One Note
 発売日:2007-01-23
[DISC1]
1.102%
2.Witness
3.Carrot Juice
4.Thirty Three
5.Colorado Sun (Jesse's Backyard)
6.Give Me a Minute, Pt. 2
7.Rope-A-Dope
8.Hey Fela!
9.Bus Stop No. 5
10.Return to Gijón
11.Forgiveness
12.Talk Is Cheap
13.L.A. Root Down (Dub Side of the Pier)
14.Paranoid (Is It Any Wonder?)
>


アルバムタイトルにもなっている一曲目の102%
おすすめです。



ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。