1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Tony Bennett and Andy Williams(トニー・ベネット、アンディ・ウィリアムス)

今日は、昨日書いたエントリーを見直していたら
誤字脱字が多く、また文脈が乱れ何を書いている
のか分からない箇所があった。

相当眠かったのが見事によくわかるエントリーである。
いつぞやあったような、睡魔に襲われ何かの拍子に
それまで書いた文章が消えて無くならなくて良かった
と思っている。ブログの自動バックアップが時折効かない
のは何故なのか調べとかないといけない。





さて、本日もまたここ最近の傾向をそのまま表すような
アクセス数の様相であったので、またグーグル様の
仕業なのかと詳細を確認してみると予想に反して
違っていた。

Google botはここ数日の嵐のごとき訪問は影を潜め
通常通りのおとなしめ、控え目な訪問となっていた。

それでは原因は何であるのか?と詳しく見てみると
ある歌手名での検索からこのブログへのご訪問頂いた
ケースが多い事が分かった。

2月に記事を書いた稼木美優さんをグーグルで検索して
ご訪問頂いたケースが多い事が判明した。

テレビ番組にでも出演したのかと調べてみたら、朝日新聞の
サイトで私が記事で取り上げたちあきなおみさんのカバーCDが
この21日発売とのニュースが掲載されていた。

21日とは来週水曜日である。となると、他のメディア、
マスコミにも所属レコード会社や事務所が宣伝に力を入れるで
あろう。と考え、エントリーを見直したらアマゾンのリンクを貼る
のが早すぎて、発売されるCDのジャケット写真がまだない状態だった
ので、再度リンクを貼り直しして手直しをしたところである。

写真が女の子が猫?を抱き上げている写真のようであるが、
何か意図があってこのような写真にしたのであろうか?

稼木さんの出身地の薩摩川内市、その昔まだ川内(せんだい)市
だったころ親戚の叔父さん、叔母さんを尋ねてよく川内には行ったものだ。
その伯父さん達も亡くなり最近は行く機会がなくなってしまったが、
まんざらゆかりがない訳でもないと少々強引なつながりを見つけ思っていた。

冬休みなどに行った時には、帰りの道中、出水(いずみ)と
いう所でツルを見たのを思い出す。

そんな事はどうでもよくて、頑張って頂きたい歌手の一人である。

久しぶりにブログをのぞかせてもらったが、昨年末から更新がなされて
ない。忙しいのであろうか?とにかく頑張ってもらいたい。


さて、話題は変わって、先日中国でコンサートで口パクをしたと
言う事で、二人の歌手が罰金を科せられたというニュースが報じられた。
罰金額が5万元(約68万2000円)だということ。

中国で70万円近い罰金とは物価の違いを考えると相当な額になる
はずだと、調べてみたら2008年の中国人民日報の日本語版に、
中国都市部の平均年収が記載されている記事があった。

その記事によると、平均年収は2万9229元となっている。
それを考えると、かなりの罰金であったことが分かる。

これは、ある大物歌手が口パクの疑いがあるとの事で、まだ
若手の二人の歌手が見せしめになったような情報もあるが、
真相はよく分からないようである。

コンサートで口パクしたら犯罪になるのは中国の他にもある
のであろうか?日本は、よく中国に真似されているので、
逆に今度は日本が中国のこの法律を真似ると面白そうである。ww

冗談である。

もし万が一、そうなると日本の歌手、ミュージシャンで
かなり困る方が出そうな感じがするが…

口パクというのがいつ頃から始まったのか定かではないが、
日本や世界で、歌番組で生の歌声をバリバリ聞かせて
いた時代があった。

変な小細工など一切なく、歌手の自らもつ歌声だけで
聴衆を魅了していた時代があった。すぐには思い起こせないが
布施明さん、尾崎紀世彦さんなどはその代表格と言ってよいのでは
ないだろうか?

布施さんの「君は薔薇より美しい」の最後のロングトーン
だけでいい歌聴いたという気分に浸れていた。

もっともオッサン臭い発言かもしれないが、日本には
最近このような歌い上げるような歌手がいないように
思う。

マイクや、機材に頼ることのない本格派の歌手。
探せば、いるのであろうが私は知らない。

そんな事を考えていたら、当然の成り行きのように
ある歌手が脳裏に浮かんだ。今回タイトルにある、
トニー・ベネットと、アンディ・ウィリアムスである。

二人とも、アメリカのショウビズの世界を語る上で
欠かすことの出来ない存在であろう。私の年齢からすると
二人の全盛期の歌声を生では聴いたことはない年代ではあるが
その歌声のすばらしさは、音楽好きな方であれば誰しもが
認めるところであると思われる。

アンディ・ウィリアムスは、やはり「ムーン・リバー」で
その歌声を初めて知ったように思う。Youtubeなどにも当時の
動画がアップされているが、テレビでの生放送だと思われる
動画での歌声などまさに正統派の歌手という感じである。

トニー・ベネット方はとにかく色々なミュージシャンと歌を
歌い、アメリカポピュラー音楽界のパバロッティなどと
称したい偉大な歌手である。二人とも、ほぼ同じ年に生まれ、
年も1年しか違わない。既にご両人、80歳を過ぎている。

同時期にこの二人がアメリカのショウビズの世界で活躍された
のはなにやら意義深いものであるように感じてしまう。
例え、違う世代でこの二人の歌手が現れたとしても、同様に
高い評価を受けたであろうことは想像に難くない。

その二人の偉大な歌手が、若かりし頃、テレビ番組だと思う
が、二人そろって歌っている有名な動画がある。

私は初めてこの動画を見たとき、なんて歌が上手いだと
非常に単純であるが感じたのを覚えている。歌が上手いだけ
ではなく、エンタテナーとして歌が聴ける二人である。

時代の流れか、この手の実力派ポピュラー歌手と言われる人が
少なくなってしまったように思う。好みもあるであろうが、
この手のアンディ・ウィリアムス、トニー・ベネットに
代わる若手の歌手がアメリカにも日本にも出てきてほしい。

どんなに楽器や機材が発達しても、歌を聞かせるというのは
これから先もなくなる事はないと思われる。

アンディ・ウィリアムス、トニー・ベネット。

「This is the singer」


ベスト・オブ・アンディ・ウィリアムス・ヒッツ
「ベスト・オブ・アンディ・ウィリアムス・ヒッツ」
 [CD]
 アーティスト:アンディ・ウィリアムス
 レーベル:Sony Music Direct
 発売日:2004-06-23
[DISC1]
1.ムーン・リヴァー
2.カナダの夕陽
3.バタフライ
4.本気なのかい
5.ハワイの結婚の歌
6.ロンリー・ストリート
7.聖ベルナデットの村
8.ビルバオ・ソング
9.ダニー・ボーイ
10.白い渚のブルース
11.もう離さない
12.酒とバラの日々
13.恋はのりおくれ
14.シャレード
15.エミリー
16.夏の日の恋
17.むかしむかし
18.君住む街角
19.オールモスト・ゼアー
20.ディア・ハート

[DISC2]
1.そしてバラを
2.クワイエット・ナイト
3.バイ・バイ・ブルース
4.イン・ジ・アームズ・オブ・ラヴ
5.恋はリズムにのせて
6.君の瞳に恋してる
7.野生のエルザ
8.モア・アンド・モア
9.ホリー
10.甘い想い出
11.リパブリック讃歌
12.ハッピー・ハート
13.好きにならずにはいられない
14.人生の一日
15.ホーム・ラヴィン・マン
16.ある愛の詩
17.ア・ソング・フォー・ユー
18.悲しみは空の彼方に
19.ゴッドファーザーの愛のテーマ
20.メイ・イーチ・デイ
Jazz
「Jazz」
 [CD]
 アーティスト:Tony Bennett
 レーベル:Sbme Special MKTS.
 発売日:2008-02-01
[DISC1]
1.I Can't Believe That You're in Love With Me
2.Don't Get Around Much Anymore
3.Stella by Starlight
4.On Green Dolphin Street
5.Let's Face the Music and Dance
6.I'm Thru With Love
7.Solitude [Live]
8.Lullaby of Broadway [Live]
9.Dancing in the Dark
10.I Let a Song Go Out of My Heart
11.When Lights Are Low
12.Just One of Those Things
13.Crazy Rhythm
14.Street of Dreams
15.Love Scene
16.While the Music Plays On
17.Close Your Eyes
18.Out of This World
19.Just Friends
20.Have You Met Miss Jones?
21.Danny Boy [#]
22.Sweet Lorraine





ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。