1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Portable Rock(ポータブル・ロック)

今日は一日雨であった。別段この時期に雨が降っても
おかしくはないのであろうが、今日の日付を踏まえ、
雨が降っている屋外へ出ると、体感的なものがかなり
異質なものに感じられた。

なかなかニュアンスが伝わりにくいが、一つ頭に浮かんだ
愚鈍な例えを引き合いに出すと、この九州の地において、
冬場に低気圧が対馬海峡を通過するときの外気の感触ににて
いるような気がするのである。

ますます、解りにくい。冬場の通常の気圧配置は、西高東低
とよく呼ばれているが、対馬海峡付近を低気圧が通過する時
は九州北部に低気圧があるので、南の太平洋の方から温かい
空気が流れ込んでくるのである。

前日まで、寒い冬型の天候だったのが、この逆の気圧配置に
なると、業界によっては結構深刻なダメージを被ることとなる。





見事に結露現象が起きるのだ。このパターンの気圧配置が
起きる回数は少ないが、油断していると、昔ながらの隙間風が
吹き込むような家ではパソコンやAV機器など置いてあると結構
泣く目にあう。

携帯電話なども内部が結露して使用出来なくなるような話を
聞いた事がある。とにかく、びっくりするほど露が付着する
らしい。夏場にキンキンに冷えた缶ビールを冷蔵庫から出した
時と同じ現象が起きるのである。この説明が分かりやすかった。


異常気象と大事件や政局の混乱はリンクしていると主張される
学者の方が以前からいたように思う。アイスランドの火山噴火もこの
あと地球の気候に何らかの影響を与えそうな感じであるが、
日本の政局がこの異常気象とこのままリンクしてしまうのかと
想像するのもかなりの恐怖を覚える。

首相はボロボロ、内閣バラバラ、与党は散り散り(ちりじり)

ここ最近だったと思うが、ホリエモンこと堀江貴文氏がブログに
書いた記事が注目を浴びていた。正確には覚えてないが、技術立国、
家電大国と呼ばれていた日本はもう昔の話だみたいな事を書かれていた
ように記憶している。

家電大国日本が終わったそうである。

資源がない島国、日本。家電分野でこのような状況になっている
事は、現政権与党の迷走同様にかなり深刻な問題であるように思う。


昨日のニュースで『「ブルーレイなくてもYouTubeがあるじゃん」
ジョブズが要望を一蹴』
という見出しが目についた。

先日、「世界で最も革新的な企業50社」というのが発表されたが、その中で、
昨年同様1位だったアップルのトップ、スティーブ・ジョブズの言葉である。

Macの1ユーザーが、ブルーレイを搭載したMacの発売を願ってジョブズに
メールをした際の返事が上のセリフのようである。

このジョブズにメールを出したユーザーは日本人的な発想の持ち主であろう。
今まで、日本は品質や利便性を追求し製品を作ってきた。それが、これまで
ジャパンブランドとして世界で受け入れられてきたが、現在のユーザーは
そのような製品を望んでいないのである。携帯オーディオプレーヤー
などが良い例であろう。私も現在、日本のソニー製のICレコーダー
兼オーディオプレーヤーを使っている。性能や機能も優れていると思う。
耐久性や故障などの心配もない。かたや、アップルのiPod。

手に持つと分かるが、作りがちゃっちい。機能もそれほど凝ってない。

その方が現在のユーザーには支持されるのである。

重厚長大などは大昔の話であり、至れり尽くせりの製品も今やユーザーは
振り向いてくれないのだ。

現在日本製品は、海外ではアップルや、韓国の製品などに食われているとの事である。
以前の家電大国ニッポンのイメージからすると全く想像出来ない現象である。


家電大国ニッポン 凋落 一途。


100年に一度、戦後最悪の不況・・・。そんな時期にこれまで唯一日本がよりどころと
してきた、「技術力」が通用しなくなってきているようだ。

日本人好みの技術力に裏打ちされた壊れないもの、多機能な製品など今のユーザーは
必要としていない。人件費が高い、日本のモノ作りの現場では非常に厳しい状況と言えよう。
安い海外製品に対抗して、技術力でこれまで高付加価値の物を作ってきたのが
通用しなくなっている。


どうする日本?


こんなときこそ、トップがリーダーシップを発揮しないといけないのであろうが…。


そういえば、サッカーやプロ野球などスポーツの世界では外国人監督は今や珍しく
ないものとなっているが、日本の首相もどこか優秀な首脳経験者を引っ張って来て
日本が持ち直すまで、日本国の総理大臣をやってもらったらどうであろうか。

海外の一流企業の経営者などもいいかもしれない。日本国籍がないとダメだとか
野暮なことは言わないで、日本の非常事態である。これぐらいドラスティックな
事をやらないと今の日本は復活しないように思えて仕方がない。

トレードという方法もある。しかし、トレードに応じる国や企業がないであろう。
身内のBSでさえトレードは嫌がるであろう。w 今だと弟もついてきますとか
言っても、ますますダメである。www


先日、昨年に引き続き「世界で最も革新的な企業50社」でトップに選ばれた
アップル社。このアップル社と日本国がトレード。アップルはスティーブ・ジョブズ
CEO、日本は鳩山現首相と、菅副総理、仙谷行刷大臣の三人。これだとかなり
不公平なので、日本の国債を付けてのトレード。wwww


何処か、もらってー!


話が長すぎる!悪ふざけしすぎてしまった。


さて、今回はピチカート・ファイヴの野宮真貴さんがボーカルをとっていた
Portable Rock(ポータブル・ロック) のご紹介である。




野宮真貴さんの最初のデビューがこのPortable Rockなのか?と思い
ウィキで調べてみたら、20歳の頃、ソロデビューして、22歳でこの
ポータブル・ロックを結成したと書いてある。そのかなり後に、ピチカート・ファイヴ
に加入した事になるそうだ。

生年月日が記載してあったが、今年で50歳になられるそうである。
信じられない。

野宮さんを知ったのは、ピチカート・ファイヴで知ったのが最初で、ポータブル・ロック
はずっとあとになってその存在を知った。ピチカート・ファイヴが脚光を浴びていた頃
野宮さんのその存在はやはり凄かったと思う。インパクトがあった。

ちょうど同年代の戸川純さんより、私は野宮真貴さんを初めて見た時の方が
インパクトがあったように思う。勿論、純粋に見た目で行くと、戸川純さんの
方がインパクトがあるのであろうが、野宮さんはなにか日本人ばなれしたものが
あったように思う。

ちょうど、私と同年代の女性の中には、野宮真貴さんに憧れていた人がかなりいた。
オシャレで、カッコいい女性である。しかし、その辺の女性が憧れて真似できるような
ものではない。

ポータブル・ロックに始まり、ピチカート・ファイヴでの活動は言うなれば
ワールドスタンダードなものと言えると思う。

世界標準のバンド。
世界に通用するバンドである。


家電大国日本が終わったと書いたが、日本には世界に通用する音がまだある。

輸出できる音楽がある。


「家電大国日本死すとも、ジャパニーズ・ミュージックは死せず」


音楽好きな日本人としてはこう思っていたい。


野宮真貴さん公式サイト


<サイトより転記>

※渚ようこさんのリサイタルにゲスト出演

日  時:2010年4月26日(月)

場  所:渋谷クラブクアトロ 

開場 18:30 / 開演 19:30
前売 \4,500 / 当日 \5,000 (ドリンク代込)
プレイガイド:
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:346-965)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:75392)

お問い合わせ:
渋谷クラブクアトロ 03-3477-8750
info@nagisayoko.net
汀 03-3202-4567


ゴールデン☆ベスト
「ゴールデン☆ベスト」
 [CD]
 アーティスト:ポータブル・ロック
 レーベル:徳間ジャパンコミュニケーションズ
 発売日:2004-11-25
[DISC1]
1.春して,恋して,見つめて,キスして
2.Tu Tu
3.CINEMIC LOVE
4.素足の恋人
5.アイドル
6.B.B
7.夏の日々
8.憂ウツのHOLD ME
9.ダンス・ボランティア
10.裸のベイビーフェイス
11.キュートな事情
12.ペーパームーン
13.ピクニック
14.天体観測
15.冬の葡萄畑
16.クリケット
17.グリーンブックス
MAKI-TAKAI NO JETLAG
「MAKI-TAKAI NO JETLAG」
 [CD]
 アーティスト:フェルナンダ・タカイ 野宮真貴,野宮真貴,フェルナンダ・タカイ
 レーベル:大洋レコード
 発売日:2009-10-20
[DISC1]
1.nagoya
2.ひとりにしてね
3.saudade
4.メッセージ・ソング
5.kobune live
PARTY PEOPLE
「PARTY PEOPLE」
 [CD]
 アーティスト:野宮真貴,m-flo,Dimitri from Paris他
 レーベル:エイベックス・マーケティング
 発売日:2005-10-12
[DISC1]
1.PARTY GIRL
2.Big Bang Romance(with m-flo)
3.踊る「おしゃれ手帖」
4.I WAS MADE FOR LOVIN’ YOU(with Dimitori from Paris)
5.YAMATE LINE
6.QUESTION GIRL
7.Not Gonna Get Us(Oui Oui)
8.Princess&Prince of The Frog
9.HIGH(with 菊地成孔)
10.PARTY PEOPLE(MEGA-MIX:高橋透)
野宮真貴のA to Z
「野宮真貴のA to Z」
 [単行本]
 著者:野宮 真貴
 出版:ギャップ出版
 発売日:2001-09
エレガンス中毒ぎりぎりの女たち―おしゃれは絶対、人生に効く
「エレガンス中毒ぎりぎりの女たち―おしゃれは絶対、人生に効く」
 [単行本]
 著者:野宮 真貴,湯山 玲子,篠崎 真紀
 出版:INFASパブリケーションズ
 発売日:2008-02





ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。