1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Kula Shaker(クーラ・シェイカー)

今月初めにチェックし損ねた情報があった。
王子率いる、奇跡の復活を果たしたあのクーラ・シェイカーが
6月に4枚目のアルバムをリリースするそうである。

Kula Shaker(クーラ・シェイカー)はファーストアルバム「K」と
二枚目までは聴いたが、突然解散してからは全くのノーチェックで
あった。数年前に再結成したのもかなりあとになって知った。





3枚目のアルバムを出したのもかなり後になって知ったが、3枚目は
未だに聴いてない。自分の中ではやはりどうしても、解散の時点で
完全に一旦切れてしまっている。何故そのような事になっているか
考えてみると、至極簡単な答えを自分に対しては出している。その
答えとは、やはりファーストアルバムとセカンドまでの印象が強烈
でその頃のイメージが頭に焼き付いているからである。

Kula Shaker(クーラ・シェイカー)についてはエキゾチックな曲調が
よく評されるが、私はそれよりもノリの良さ馴染みやすい曲調に惹かれる
のが一番最初に来てしまう。クリスピアン王子のインド傾倒などが、よく
取り出たされていたが、私はその辺の事にはあまり興味がない。極端な
話、バンドのメンバーが何をしてようと、音が良ければリスナーとしては
全く問題ないところである。

まーあ、セールスする側から言うと、曲については言わずもがなであるが、
バンド本人のキャラクターや趣味・趣向からファッションにいたるまで
全てひっくるめてセールスすることを考えているのであろうから、少々
尾ヒレがついてもその辺は愛嬌と言う事で、私は構わない。

今日これだけ、情報が入手しやすい環境になり、情報が氾濫している状態で
あると、良い曲がリリースされても、情報の海に埋もれてしまって、なかなか
そのアーティストやアルバムの存在に気づかない時がある。そのような状況に
なるよりも、いくらか誇大広告ぎみの宣伝や、尾ヒレをつけた情報で目立たせて
頂いたほうが音楽好きの者としてはありがたいと思うのであるが…。

その流れで、私が最初に聴いたKula Shaker(クーラ・シェイカー)の曲が
「Hush」であった。Kula Shaker(クーラ・シェイカー)をご存知の方であ
れば、その存在を知ったのがあまりにも遅すぎるのではないかと思われるか
もしれない。まことにその通りである。


Kula Shaker - Hush

※iTunes StoreのKula Shaker(クーラ・シェイカー)のカテへ
Kula Shaker

この「Hush」を初めて聴いてすぐに好きになり、すぐさまCDを購入したのを
覚えている。この曲のシングル購入した後、しばらくしてベスト盤を買った
ような気がする。ファンとしては末席にもつけない、Kula Shakerのリスナーで
ある。ファーストとセカンドアルバムはツタヤでレンタルで借りた。

おそらくそのレンタルでKula Shaker(クーラ・シェイカー)は私の中では一
旦切れてしまったはずである。一旦切れてしまうと、どうしても再結成などと
言うニュースが流れた際も無意識にそのニュースが入って来ないような気がする。

それが、今回新しいアルバムリリースのニュースが目についたのは、まだKula
Shaker(クーラ・シェイカー)に対する興味が尽きてないと言うことだろうと
思われる。久しぶりに「Hush」を聴いたが、やはりKula Shaker(クーラ・シェ
イカー)では、この曲が一番私は好きである。

このような自分にしっくりくる曲をもっているバンドはそうそう音楽好きの者
は離れないように思う。やはり一度良い曲だと自分の頭の中にインプットされ
ているので、新しいアルバムが出ると、またいい曲が発表されているのでは?
とアルバムをチェックしたくなる。

これがあるから、1曲でも代表曲があるミュージシャンは結構長生きできるの
ではなかろうか?


6月16日に日本先行リリースされるニューアルバム「ピルグリムス・プログレス
」。再結成からアルバムをリーリースし、そのあとがしばらくまた期間が空い
ていたようなのでファンの方はまたやきもきされていたのではなかろうか?アル
バムタイトルの「ピルグリムス・プログレス(Pilgrim's Progress)」とは、
1678年に出版され200カ国語以上に翻訳された著名なイギリス文学書(著者:ジ
ョン・バニヤン)のタイトルで、直訳すると「巡礼者(移住者)の発展・進歩」
という意味らしい。またアルバムの録音が、ベルギー南端のシメイに建設したプ
ライベートスタジオで録音されたとのことで、クリスピアン曰くかなりスピリチ
ュアルな仕上がりになってるとの事である。あまりディープなファンではないも
のからすると、えっ?という感じであるが、そのような発言もひっくるめての宣
伝であろうから、はやり実際に音を聴いてみないことにはなんとも判断しかねる。

あと一ヶ月。日本先行リリースで色々特典もあるようだ。そういえば「FUJI
ROCK FESTIVAL'10」にも出演が決まっている。色々と用意周到と言わねばなるまい。w

ピルグリムス・プログレス
「ピルグリムス・プログレス」
 [CD]
 アーティスト:クーラ・シェイカー
 レーベル:SMJ
 発売日:2010-06-16

【収録曲】
01. Peter Pan R.I.P.
02. Figure It Out
03. Ophelia
04. Modern Blues
05. All Dressed Up And Ready To Fall In Love
06. Ruby
07. Only Love
08. Barbara Ella
09. Cavalry
10. When A Brave Meets A Maid
11. To Wait Till I Come
12. Winter's Call
13. Interlude
14. Space Caravan
15. High In Heaven
16. Sweet Sympathy

※日本盤2週間先行リリース予定。
※日本盤のみボーナス・トラック3曲収録
※クリスピアン・ミルズ(vo/g)による日本独自トラック・リスティング
※解説、歌詞対訳付
※その他、オマケ付予定



ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。