1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Lyricon(リリコン)

前回カテゴリーが偏らないようにと書いたはずであるが、
気がつけばまたジャズのエントリ作成にとりかかっている始末。
頭ではこうしたいと思っていても、さあ今日は何を書こうと
物色しはじめたら猪突猛進、自分で決めた事など頭から
飛んでしまっている。

AmazonのCDのベストセラーランキングをいつもの様に眺めて
いたら、ジャズのカテゴリーに明後日、5月26日に発売になる
T-SQUAREのアルバムが目についた。アルバムタイトルが
「時間旅行」。先程見た際には、ジャズのランキングで第3位に
ランクされている。相変わらずの人気である。





時間旅行
「時間旅行」
 [CD]
 アーティスト:T-SQUARE
 レーベル:ヴィレッジレコーズ
 発売日:2010-05-26
[DISC1]
1.Fantastic Story ~時間旅行~
2.Morning Delight
3.A Little Way Off
4.Ocean Express
5.Behind Lavender
6.Cosmic Pancake
7.World Star
8.Wild River
9.AiAiSa
10.MJ

かなり長いこと活動してるはずだと、調べてみたらバンド結成が
1976年になっている。今年で34年目、来年活動35周年を迎えるようで
ある。凄すぎる。安藤さんの髪の毛も白くなるはずだ。w 染めてらっしゃる
との察しはつくので、無粋なツッコミはお控え願いたい。w
しかし、バンドメンバーがかなり変わっているとはいえ、
これだけ長い期間同じバンドが活動を続けるは並大抵のことではない
はずである。そんな、T-SQUAREであるが、私がこのバンドを思い浮か
べる時、あるものが必ず頭に浮かぶ。

T-SQUAREというと、F1のテーマ曲「TRUTH」が一番有名であるが、
この「TRUTH」が世に出る前に(うーん?まだバンド名に「T」が付く
前だったか?)、このバンドの代名詞と言える曲があった。

「OMENS OF LOVE」という曲である。若い方は「TRUTH」は知ってても
この「OMENS OF LOVE」は知らないと仰っしゃる方が結構いるのでは
なかろうか?で、いつもの様に話が長くなっているが、この曲のメロディー
ラインで伊藤たけしさんが使用されていた楽器が「Lyricon」と呼ばれる
ウィンドシンセである。ウィンドシンセをご存知ない方は、こちらを参照
頂きたい。

私はこの「Lyricon」の音が超ーー大好きである。ww
初めて「OMENS OF LOVE」を聴いたとき直ぐにその音に虜になり、実際に
映像で伊藤さんが演奏されているを見た時は「何じゃこれ~」ってな
カルチャーショックのような衝撃を受けたのを覚えている。

その後、この「Lyricon」について、演奏するのが難しいだとか、音色の
設定が煩雑だとか色々なことを知る事となった。そのように「Lyricon」に
ついてのアンテナが出来てから、しばらく経ったある日、ジャズ界での
ある大物プレイヤーに遭遇する事となった。Tom Scott(トム・スコット)
その人である。「Lyricon」を語る上では、このTom Scott(トム・スコット)は
欠かす事ができないジャズプレイヤーであろう。

このTom Scott(トム・スコット)との出会いがいつ頃だったか記憶の糸を
手繰りよせているのであるが、なかなか思いだせない。おそらく20代前半
に出会っているであろうと推測される。最初に聞いたアルバムが名盤「
Intimate Strangers 」である。トム・スコットのリリコンの演奏も素晴らしいが、
バックのメンバーがまた素晴らしい。ドラムがSteve Gadd(スティーブ・ガッド)
ベースがJaco Pastorius(ジャコ・パストリアス)、ギターがEric Gale
(エリック・ゲイル)、キーボードにDavid Paich(デビッド・ペイチ)と豪華
メンバーが揃っている。

Amazonで検索すると、予想はしていたが「Intimate Strangers」や「Blow It Out」、
ベースのマーカス・ミラーが参加している「Apple Juice」といったリリコンを使った
アルバムの入手が現在難しいようである。リリコン自体がもう生産してないし、過去の
ものとなってしまっているので、時代の流れか?仕方がないのかもしれない。

私としては現在ウィンドシンセの主流?なのか詳しく知らないが、EWIなどの音
よりやはり、やわらかで滑らかな音が出るLyricon(リリコン)の方が好みである。
キーボードプレイヤーの方が、昔のアナログシンセに憧れるのに似ているのであろうか?

無理なのは分かるが、Lyricon(リリコン)の復活を願って止まない。

Tom Cat
「Tom Cat」
 [CD]
 アーティスト:Tom Scott
 レーベル:Sbme Special Mkts.
 発売日:2008-03-01
アップル・ジュース
「アップル・ジュース」
 [CD]
 アーティスト:トム・スコット,Drジョン
 レーベル:ソニー・ミュージックレコーズ
 発売日:1999-07-23
[DISC1]
1.アップル・ジュース
2.ゴナ・ドゥ・イット・ライト
3.ウィ・ビロング・トゥゲザー
4.ソー・ホワイト・アンド・ソー・ファンキー
5.ゲッティン・アップ
6.イン・マイ・ドリーム
7.インスタント・レリーフ


※CDが販売されてないものが多いので気になる曲はMP3をチェック願いたい。
Tom ScottのMP3のダウンロードはこちらで



ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。