1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


精霊流し

♪「精霊流し」中森明菜 フォーク・ソング2~歌姫哀翔歌

フォーク・ソング2 ~歌姫哀翔歌何と!今月はまだ1つしか記事を書いてないことに気が付いた。しかし、8月に入ってからの忙しさはなかった。お盆休みもあったが、全く休めたものではなかった。

私が住む長崎は主要産業というと、観光、水産、農業といったものがあり、細々とではあるが経済活動がいとなまれている。その中に、長崎人の多くが関わりを持つと言われている、もう一つの産業がある。





造船である。

三菱重工長崎造船所というのがあり、長崎の景気はこの三菱造船の如何に関わっていると言っても過言ではないと思われる。私自身それほど、この三菱造船には関わりはないが、長崎市内の朝夕のラッシュは、この三菱造船所で働く人達で作られている。w三菱車が異様に多いのも長崎の特徴の一つであろう。で、私であるが、先月の末ごろからこの「造船」の作業をやっていた。造船作業は過去に一度だけ経験がある。

それは高校生の時であった。造船は造船でも、溶接のいらないこの時期特有の造船である。ww って、書いても長崎の方でないとピンとこない方が多いと思われる。造船とは精霊流(しょうろうなが)しに使う、精霊船(しょうろうぶね)作りのことである。

全く回りくどい文章で・・・・ご勘弁願いたい。(^^;

精霊流しといっても、若い方はご存じないかもしれない。長崎では、身内が亡くなり初盆を迎えた8月15日に精霊船というものを作り、盛大に亡くなった人を送る風習がある。Youtubeに映像が沢山アップされているので、先日の精霊流しを撮影されアップされた方の分をご覧頂きたい。

まず、映像ではあまり迫力が伝わらないが、とにかく爆竹の音が凄まじい。耳栓は必需品である。この時期、長崎のコンビニでは耳栓が数多く仕入れされ毎年のように数多く売れるそうだ。精霊流しをご存知ない方は、まずこの爆竹の音に驚かれる。というか、爆竹使いすぎである。ww

この精霊船の制作に先月末から駆り出され、本番前日の14日は徹夜で作業をしていた。高校生の時に作ったのは、私の祖父の精霊船だったが、今回のはその時のゆうに倍はある、2連結の大型の精霊船であった。

今回は、私の身内ではなかったが、船の規模からいうと作業人員が少なすぎで、徹夜をした14日などは私を含め3人しか作業人員がいなかった。うーん、あまり多くを語ると支障をきたすので・・・www

で、無事なんとか完成して15日の晩に60名ほど参加して、精霊船を流しに行った。本番ではタダ酒が飲めるので、集まりが良い。wwさほど体は使っていないように思っていたが、一夜明けたら全身筋肉痛で、仕事には出たが全く仕事になっていなかった…と思う。w

昔は、精霊船を大通りで勢い良く回転させていたが、船の下敷きになったりして亡くなった方が出たりして、それ以降、船を回転させるのは禁止になっている。最近はどうか知らないが、禁止になって以降、たまに回転させている船があったが、そんな船は警察から厳しく注意を受けていた。

長崎は、おくんちがあるのでどうしても精霊船を回したくなるのである。と、いう感じでようやくこの夏の一大イベントが終わった。一言。非常に疲れた。wwww


精霊流しと言うと、長崎出身の大ベテラン歌手、さだまさしさんのグレープによる「精霊流し」が有名であるが、あの中森明菜さんもこの精霊流しをカバーされている。

明奈さんのシックな歌声が、この精霊流しという曲と共に
心に染みる・・・・。

そんな年になってしまった。


フォーク・ソング2 ~歌姫哀翔歌
「フォーク・ソング2 ~歌姫哀翔歌」
 [CD]
 アーティスト:中森明菜
 レーベル:ユニバーサル・シグマ
 発売日:2009-07-29
[DISC1]
1.旅の宿
2.なごり雪
3.心もよう
4.ベルベット・イースター
5.精霊流し
6.悪女
7.シクラメンのかほり
8.神田川
9.学生街の喫茶店
10.I LOVE YOU




テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。