1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Joaquin "Joe" Claussell(ホアキン・ジョー・クラウゼル)

♪「ハウスの巨匠」では言葉が足りないハウス界のカリスマ、
 Joaquin "Joe" Claussell(ホアキン・ジョー・クラウゼル)

Joaquin Joe Claussell Presents The World oF Sacred Rhythm Music Part One

今話題のクラブミュージック専門MP3ダウンロードサイト【KINGBEAT】

アマゾンなどでお目当てのアーティストのCDやDVDを探していると時折、
あるジャンルの大御所だったり売れっ子ミュージシャンのCDが居心地悪
そうにリストに並べられている時がある。

私はあまり音楽のジャンル分けが好きではない。整理整頓が苦手だから
か、どのミュージシャンがどのジャンルに分類されるかとか情報があまり入
ってないのである。そんなことから有名なアーティストのCDなどをショップ
で探すときにでも、

「あれ?このミュージシャンどのジャンルになるんだ?」というのがよくある。
私がまだ小中学生の頃などは、そのような音楽のジャンルも今と比べてか
なりシンプルであった。

ところが、ここ10年いやもっと前からであろうか、音楽のジャンルが多様化
してしまい昔のようにこのミュージシャンはこのジャンルという判別やジャン
ル分けが難しくなってきてているように思う。

だから、今回のような事が起きるのであろうか?

その事とは・・・




アマゾンでは音楽CDなどジャンル分けして検索できるようになっているが、
そのジャンルの一つに「ソウル・R&B」というジャンルがある。ジャンル
に疎い私でも流石に「ソウル・R&B」がどの様な音楽かは分かる。音楽好
きな方であれば、大抵お分かり頂けるジャンルであろう。

先日、この「ソウル・R&B」のカテゴリーであるミュージシャンのCDを
探していたところ、検索結果の一覧にお目当てのCDが表示され何気にその
CDの上の方を見ていると・・・見つけました少々居心地が悪そうなCDを。w

それが今回の主役、Joaquin "Joe" Claussell(ホアキン・ジョー・クラウゼ
ル)のCDだったのであります。かなりというか、相当この御仁は有名なは
ずであります。ハウス業界ではおそらく超メジャーであると思われます。

私も曲は好きでよく聴いていたものの、その人物像についてはあまり詳しく
はないのでありますが、しかし、ハウス、クラブシーンでは超大物であるこ
とぐらいは知ってました。

その、Joaquin "Joe" ClaussellのCDが「ソウル・R&B」のカテにリスト
されていました。まあ、不味くはないのであろうが、見る人がみると「ちょ
っと、ちょっと」という感じになるのではなかろうか?

ビートルズが演歌のカテに入っているぐらい違和感を感じる人もいるかもし
れない。

しかし、今回のこの出来事で、またスルーしていた良い情報に偶然出会えた
のでまんざら悪い事でもないような気がしている。

その良い情報というのが、このJoaquin "Joe" Claussellが主催するレーベ
ル「SACRED RHYTHM MUSIC」の初コンピレーションアルバムが7月にリリー
スになっていたのだ。

知らない人にはどうでも良いことかもしれない。しかし、このJoe Claussell
は凄い音使いなのだ。説明が難しい。前回エントリに書いた、バッドプラス
もジャズ界ではかなりアバンギャルドで突飛であるかもしれないが、今回の
Joe Claussellもハウス界ではかなり風変わりでハウスの奔流からは距離があ
るように思う。しかし、異様ではなく異彩であり、変人ではなく才人であるよ
うに私は思う。

クラブでかかるようなハウス系の音楽が苦手、拒否反応を起こすかたもきっ
といらっしゃると思う。凄まじい音圧で、耳が取れそうなぐらいの大音量で
聴くハウス系の音楽は、ハウス好きの人でも敬遠される方はいる。私もハウ
スは好きだが、大音量のズンドコ系は苦手である。

Joe Claussellの楽曲はそのようなタイプのハウスの曲とは一線を画してい
るように思う。

クラブに出向いて曲を聴くのは、大抵気分を高揚させ、それこそアドレナリ
ンを体中に充満させんがために聴くひとが多いと思うが、Joe Claussellの
曲はそれとは対極にある。

高揚するのではなく癒されるのである。それもかなり自然の癒しに近いと私
は思う。

拙い言葉でいくら説明しても秀逸な楽曲のイメージは湧かないであろう。

曲を聴いて頂くのが一番いい。


収録CD
「Un.Chained Rhythums Vol.1 」 Joe Claussell


収録CD
「Corresponding Echoes 」 Joe Claussell

うーん、この感じめちゃめちゃ好きである。

これだったらハウスがちょっと苦手という方も受け入れてもらえるのではないだろうか?
自分が好きな曲を強引に人にすすめる、悪い癖が少々頭をもたげてきた。

このへんにさせて頂く。また相当長文になりそうな悪寒が・・・w

Joaquin Joe Claussell Presents The World oF Sacred Rhythm Music Part One
「Joaquin Joe Claussell Presents The World oF Sacred Rhythm Music Part One」
 [CD]
 アーティスト:Various Artists
 レーベル:MUSIC 4 YOUR LEGS
 発売日:2010-07-07
[DISC1]
1.Manifestation OF Seasons - Cosmic Ritual (7:00)
2.Goddess Of A New Dawn - The Bayara Citizens (5:45)
3.OWEYI - X. Panded Dimensions (7:26)
4.The Promise Of Love - Herve Samb and Daniel Moreno (5:01)
5.Gentle Rain - Sacred Rhythm Remix - H. Garden feat. Joi (8:16)
6.The Drifting Of A Snowflake Into Darkness - Joaquin Joe Claussell (6:00)
7.Disorganized Corruption - Joaquin Joe Claussell Presents: The Lower East Side Pipes (6:19)
8.Home – Con Apala (5:15)
9.Lugar Precioso – Juzu AKA DJ Moochy (7:42)
10.The Sun The Moon Our Souls - Mental Remedy (5:42)
11.I’m Just Happy To Know You - Mental Remedy (9:29)




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。