1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャイコフスキー:「弦楽セレナーデ」

好きな曲を並べるとなぜか、チャイコフスキーの曲が並ぶ

my Classics2

先日指揮者の小澤征爾さんが復帰されたニュースがあちこちで流れていた。

テレビのニュースでは知り得無かったが、持病の腰痛も相当悪いらしく、今
回はその痛みをおして一楽章だけの指揮になったようである。

今回指揮をされたのが、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ。クラシックは
素人の私であるが、このチャイコフスキーの弦楽セレナーデ昔から好きで、
時折思い出したように聴く事がある。


チャイコフスキーが特段好きな訳でもないと思っているが、くるみ割り人
形、ピアノコンチェルト、そして弦楽セレナーデ…と好きな曲を上げてい
くとチャイコフスキーの曲がならんでしまう。クラシック初心者には非常
に親しみやすい作曲家のように思う。これだけ偉大な作曲家であるので、
聴きだすと奥が深いのは容易に想像できる。

そんなチャイコフスキーの弦楽セレナーデが収録されている最近のCDを
今回はご紹介したい。






平原綾香嬢の弦楽セレナーデは激鳥肌もの

驚いたのが、小澤征爾さんが復帰されたからなのかアマゾンのクラシッ
クCDランキングを見てみると1位にマエストロ小澤征爾の名前が見る
ことができる。今回指揮をされた同じサイトウキネンオーケストラでチ
ャイコフスキーの弦楽セレナーデとモーツァルトのアイネクライネが収
録されている。

アイネ・クライネ・ナハトムジークは小学校か中学のころ、モーツァル
トのセレナーデとして音楽の授業のとき聴いたような記憶がある。

クラシック素人からすると、少々意外な曲の組合せのように思えた。
しかし、調べてみるとチャイコフスキーの弦楽セレナーデはモーツァル
トへの敬愛から書いたものであり、書簡にも「強い内的衝動によって書
かれ、芸術的な価値を失わない」と記されたとウィキに書かれてある。

なるほどそういうことがあって、このチャイコフスキーの弦楽セレナー
デとモーツァルトのアイネクライネナハトムジークを選曲されたのかと
素人ながら納得した次第であった。いやひょっとすると他にもなにか理
由があるかもしれないが…。

チャイコフスキー:弦楽セレナード/モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジー
「チャイコフスキー:弦楽セレナード/モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジー」
 [CD]
 アーティスト:サイトウ・キネン・オーケストラ 小澤征爾
 レーベル:ユニバーサル ミュージック クラシック
 発売日:2009-05-20
[DISC1]
1.弦楽セレナード ハ長調 作品48 第1楽章:Pezzo in forma di sonatina:Andante non troppo-Allegro moderato
2.弦楽セレナード ハ長調 作品48 第2楽章:Waltz:Moderato(Tempo di valse)
3.弦楽セレナード ハ長調 作品48 第3楽章:Elegie:Larghetto elegiaco
4.弦楽セレナード ハ長調 作品48 第4楽章:Finale(Tema russo):Andante-Allegro con spirito
5.ディヴェルティメント ニ長調 K.136 第1楽章:Allegro
6.ディヴェルティメント ニ長調 K.136 第2楽章:Andante
7.ディヴェルティメント ニ長調 K.136 第3楽章:Presto
8.セレナード 第13番 ト長調 K.525≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫ 第1楽章:Allegro
9.セレナード 第13番 ト長調 K.525≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫ 第2楽章:Romance(Andante)
10.セレナード 第13番 ト長調 K.525≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫ 第3楽章:Menuetto(Allegretto)
11.セレナード 第13番 ト長調 K.525≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫ 第4楽章:Rondo(Allegro)


でアマゾンでこの小澤さんのCDの試聴をしていたときに思い浮かんだ
のが、記事冒頭に写真を掲載している平原綾香さんのCDである。前回
好評だった「my Classics」につづく第二弾。「my Classics2」とタイ
トルされたこのCDは今年6月にリリースされている。リリースされて
からかなり日にちが経っているからかもしれないが、私の感覚ではラン
キングのもっと上位にきてほしいアルバムである。

この「my Classics2」の冒頭を飾るのがチャイコフスキーの弦楽セレナ
ーデのアカペラ版である。私は初めてこれを聴いたとき全身に鳥肌がた
った。出だしの有名なフレーズから完全に鷲掴み状態であったが、2フ
レーズ目の高音部との平原さんのハモリに私の体毛の7割は抜け落ちて
しまった。ww…それぐらい全身に鳥肌がたったのを覚えている。

前回の「my Classics」も素晴らしい出来のCDだったが、今回の2の
方も素晴らしい出来になっている。というか先程書いたがこのCDは
もっと売れてほしい。私が思うほどCDが売れてないのは、間違いな
くこのCDの平原綾香というシンガーの歌声を聴いている人が少ない
からだと私は思う。まだ彼女のこのCDの歌声を聴いてない人がこの
日本、いや世界中には大勢いる。そんな人達に少しでもこの彼女の歌
声を聴いてもらえる機会が出来れば、彼女のCDを手にする人はいく
らでも出てきそうに私は思うが…。

my Classics2
「my Classics2」
 [CD]
 アーティスト:平原綾香,平原綾香&藤澤ノリマサ
 レーベル:ドリーミュージック
 発売日:2010-06-09
[DISC1]
1.セレナーデ (アカペラ) チャイコフスキー / 弦楽セレナーデ
2.Sleepers, Wake! J.S.バッハ / カンタータ第140番
3.威風堂々 エルガー / 威風堂々
4.my love ヘンデル / 私を泣かせてください
5.JOYFUL, JOYFUL ベートーヴェン / 交響曲第9番「合唱」
6.adagio ラフマニノフ / 交響曲第2番 第3楽章
7.ソルヴェイグの歌 グリーグ / ペール・ギュント組曲より「ソルヴェイグの歌」
8.アランフェス協奏曲〜Spain ロドリーゴ / アランフェス協奏曲 第2楽章
9.CARMEN 〜Je t'aime!〜 ビゼー / カルメンより「ハバネラ」
10.mama’s lullaby ブラームス / 子守唄
11.Ave Maria! 〜シューベルト〜 シューベルト / アヴェ・マリア
12.ケロパック チャイコフスキー / くるみ割り人形より「トレパック
13.Sailing my life with 藤澤ノリマサ ベートーヴェン / ピアノソナタ「悲愴」Bonus Track
14.Love Never Dies アンドリュー・ロイド・ウェバー feat. 平原綾香 Bonus Track A.ロイド・ウェバー / オペラ座の怪人2「Love Never Dies」日本語ヴァージョン

平原綾香のチケット情報 @電子チケットぴあ

<平原綾香ライブ日程> 公式サイトより抜粋

9/14 香川県 サンポートホール高松 大ホール 
【お問い合わせ先】デューク高松 087-822-2520

9/19 埼玉県 熊谷文化創造館 さくらめいと 太陽のホール 
【お問い合わせ先】(財)熊谷市文化振興財団 048-532-0002

9/20 長野県 まつもと市民芸術館 
【お問い合わせ先】サンライズプロモーション北陸 025-246-3939

9/22 岐阜県 関市文化会館 
【お問い合わせ先】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

9/23 愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール 
【お問い合わせ先】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

9/25 福井県 福井市文化会館 
【お問い合わせ先】NPO法人福井芸術・文化フォーラム 0776-23-6905

9/26 富山県 砺波市文化会館 
【お問い合わせ先】砺波市文化会館 0763-33-5515

10/1 東京都 Bunkamuraオーチャードホール 
【お問い合わせ先】ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999

10/2 東京都 Bunkamuraオーチャードホール 
【お問い合わせ先】ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。