1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Frankie Knuckles(フランキー・ナックルズ)

ニンニク畑の街、シカゴからハウス界のゴッドが…

アンユージュアル・サスペクツ [DVD]
今話題のクラブミュージック専門MP3ダウンロードサイト【KINGBEAT】

アメリカにシカゴという大都市がある。アメリカ第三の都市である。
シカゴについて少し調べてみたところ、シカゴの語源が「ニンニク
畑」からきている事を初めて知った。

シカゴからニンニクとはあまりイメージが湧かない。食べ物でいう
とやはりピザのイメージが強い。ほかにもシカゴと言ったらこれっ
と言われる食べ物もあるのであろうが、残念ながら私には思い浮か
ばない。

しかし、こと文化・芸術の事になると色々とシカゴから思い浮かべら
れる事がある。音楽関連で言うと、ブルースやジャズと言った音楽を
語るにはここシカゴは欠かす事が出来ない都市であろう。クラッシッ
クでも、世界的にも有名なシカゴシンフォニーという素晴らしいオー
ケストラがある。

そんな音楽に関しても色々とシカゴという街は重要な場所であったと
思われるが、この音楽に関して忘れてはいけない事柄がシカゴにはま
だある。シカゴと聞いて、「この事」を連想する人は少ないかもしれ
ない。しかし、逆に「この事」について話出すとシカゴの名前を上げ
る人は結構いるかもしれない。

そんな「この事」について今回は少々。





既に今回のエントリのタイトルでバレバレの感があるかもしれない。
Frankie Knuckles(フランキー・ナックルズ)、ある業界ではあま
りに有名な人物である。

現在クラブ等でDJをやられている方々も、このフランキー・ナック
ルズがいなかったら、ひょっとすると現在DJをやっていなかったか
もしれない。

ハウス界のゴッドファーザーと呼ばれる彼、生まれはニューヨークで
ある。1955年生まれであるようなので、今年御年55のようである。
全ての始まりは、このフランキーがハリウッドではなく、シカゴに行
ったことからスタートする。

フランキー・ナックルズ+シカゴ+WARE HOUSE=ハウス 
算数はあまり得意ではない。ひょっとすると足し忘れがあるかもしれ
ない。

このハウス界のゴッドもそうであるが、世界の音楽シーンでは50代
以上で現在も現役で活躍しているDJやミュージシャンは探すとかなり
いる事が分かる。

最近このブログで取り上げた人物で、すぐ思い浮かぶのは…、アンダ
ーワールドのカールとリックが50代である。坂本教授も50代。と
くるとみゆきオネエ様もである。メイシオは還暦を越えている。あー、
八代さんもだ。

ジャンルは違えど、みな50を越えて音楽業界で活躍されている。
そんな中で、フランキー・ナックルズは若者が集うクラブシーンで
若い感性を相手に現在も音を紡いでいる。電子的なもの、最先端の
テクノロジーを駆使して創造するフィールドでは、年を重ねてくると
どうしても若い人達についていけないとか、新しいものを取り入れ
ものを創造することが困難になったりすることがある。

そうなると、古くからあるもの、伝統的なものにすがり新しい事に
チャレンジ出来なくなってしまうような事も出てくる。この伝統を、
あとの世代に伝えると言うことも、大事なことだと思うが、新しい
ものを取り入れ、さらに新しいこれまでに無かった何かを創りだす
…この精神があると、おそらく人間幾つになってもクリエイティブ
な精神は廃れることがないと私は思っている。

その筆頭に現在も堂々と存在しているのが、ハウス界のゴッドでは
なかろうか?現在所属するレーベルには、あのDavid Moralesと、
日本人で私と同じ年の富家哲氏が在籍する。

肩書きだけで、業界にふんぞり返っていたら、とてもこの業界で
生き残っていくのは難しいであろう。本場のフロアーの若者はその
辺敏感に察知し、ハウス界のゴッドだろうが音がまずければそっぽ
を向くに違いない。

それがどうであろう、所属レーベルのDef Mixのアーティストのペー
ジにはDavid MoralesとSatoshi Tomiieに挟まれてゴッドの名前と
写真が掲載されている。

ハウスが好きな人で、残念ながらこれまでFrankie Knucklesにふ
れる機会がなかった方は、是非一度御大の紡ぎ出す音を聞いてい
ただきたいと切に願う。

もっと評価されるべき人物だと私は思う。

冒頭に掲載している画像は、ハウスがいかにして誕生したかをドキュ
メンタリーとしてとられた映画である。このDVDが多くの人に知れ渡り、
ハウスの誕生秘話を目の当たりにすると、きっとフランキー・ナック
ルズももっと再評価されるのではなかろうか?

<関連リンク>
フランキー・ナックルズMySpace
http://www.myspace.com/fkalways

所属レーベル Def Mixのサイト
http://www.defmix.com/wp/

Motivation Too
「Motivation Too」
 [CD]
 アーティスト:Frankie Knuckles
 レーベル:Nervous Records
 発売日:2009-10-20




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。