1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【訃報】作詞家 星野哲郎さん逝去

昭和歌謡、演歌の立役者、作詞家星野哲郎氏逝去

不滅の名曲-オリジナル歌手による-星野哲郎作品集-


日本が戦争に負けた事を肌で感じ知っている方はまだ相当数いらっしゃる。

その方達は、敗戦後、焼け野原の中から生き抜いてこられた。

私が住む、長崎はご存知のように広島とともに世界で唯一の被爆地である。
終戦直後はまさに何も無い、真っ黒な大地と青い空しかなかった

はずである。想像すると、そのような真っ黒な焼け野原を前にして人間は生きる
気力が湧くのであろうかと思ってしまう。今の自分が、終戦直後の焼け野原に一人
放り投げられ「生きろ」と言われて生き延びる事が出来るか全く自信がない。

食べ物はどうしたらよいのか?(コンビニやスーパーはもちろんない)、住む
ところは?(アパマンショップもない)仕事は?(ハローワークもない)、ないな
い尽くしである。考えるだけで意欲が失せそうだ。

そんな極限の中でも日本人は生き抜いて来られた。根性や気力では説明でき
ないものがそこにはあったはずである。

お叱りを受けるかもしれないが、その生き抜いて来られた日本人の方々を
支えてきたものの一つに、私は歌があるのではないかと思っている。






歌は時として人を助けてくれる

戦後復興期の歌というと、真っ先に思い浮かぶのはやはり並木路子さん
の「リンゴの唄」ではないだろうか?

世に出たのが今調べたところ、終戦の年の1945年、昭和20年の
10月に公開になっている松竹映画「そよかぜ」の挿入歌として使わ
れたのが、世間へのデビューだったそうだ。

冷静に考えると、終戦からわずか二ヶ月で映画が上映されていた事実
も凄いが、物資難の中どのように映画を制作したのか不思議である。
戦前に既に制作が終わっていたのだろうか?

で、この「リンゴの唄」が日本の戦禍で焼け野原になった大地に流れ
たのであろう。以前、何かでこの曲に関する話を聞いた事があるが、
食糧難のこの時期、リンゴをモチーフに歌を作ったことに反感を持っ
た人もかなりいたそうである。

もっともな話である。

しかし、よく知られた話であるが、この同じ終戦の年の3月の東京
大空襲で並木さんは母親を亡くされ、また父親とお兄さんも戦争で
亡くされている。そのような状況下でリンゴの唄を歌い、映画に出
演されたのだ。

戦後初めてのヒット曲である。間違いなくこの並木さんの歌声に勇
気づけられた日本人の方は大勢いらっしゃるはずである。


そして高度経済成長期へ

戦後復興のあと、朝鮮戦争特需などがあり第一次の高度経済成長期
を日本は迎える。鉄鋼、石炭などの産業が活気があったのもこの頃
であろう。

その後、日本が一番活気づいていた高度経済成長期に突入する。こ
のあたりでようやく今回の主役がご登場になられる。

今回の星野哲郎さんの訃報に際し、ゆかりのある方々が色んなコメ
ントを出されているが、すべからく星野さんの歌を人生の応援歌で
あるとか、勇気づけの歌とコメントされている。

まさに、言葉をもって日本人の後押しをされてこられた方なのだ。

寅さんの「男はつらいよ」や「三百六十五歩のマーチ」に代表さ
れる歌のほかにも隠れた名曲が沢山ある。星野さんの人柄が言葉に
移り、歌となって日本人の心に届いていたのであろう。

昭和の星がまた一つ消えたようだ。

ご冥福をお祈り致します。

妻への詫び状―作詞家生活50周年記念企画
「妻への詫び状―作詞家生活50周年記念企画」
 [単行本]
 著者:星野 哲郎
 出版:小学館
 発売日:2003-09
 価格:¥ 2,310
演歌・艶歌・援歌―わたしの生き方・星野哲郎
「演歌・艶歌・援歌―わたしの生き方・星野哲郎」
 [単行本]
 著者:佐藤 健
 出版:毎日新聞社
 発売日:2001-01
 価格:¥ 1,680
星野哲郎作品集~みだれ髪~
「星野哲郎作品集~みだれ髪~」
 [CD]
 アーティスト:オムニバス,細川たかし,都はるみ他
 レーベル:コロムビアミュージックエンタテインメント
 発売日:2009-12-23
[DISC1]
1.おんなの宿(大下八郎)
2.なみだ船(北島三郎)
3.黄色いさくらんぼ(スリー・キャッツ)
4.アリューシャン小唄(こまどり姉妹)
5.出世街道(畠山みどり)
6.哀愁出船(美空ひばり)
7.昔の名前で出ています(小林旭)
8.雪椿(小林幸子)
9.君(島倉千代子)
10.ああ、いい女(細川たかし)
11.夫婦坂(都はるみ)
12.青春想譜(新沼謙治)
13.蟹工船(村田英雄)
14.アンコ椿は恋の花(都はるみ)
15.ゆずり葉の宿(島倉千代子)
16.みだれ髪(美空ひばり)
星野哲郎を謳う
「星野哲郎を謳う」
 [CD]
 アーティスト:鳥羽一郎
 レーベル:日本クラウン
 発売日:2011-01-12
[DISC1]
1.プロローグ (じゃがいも)
2.(海よ) ~兄弟船
3.(通り過ぎた海) ~海の祈り
4.(いい仕事ですから) ~演歌船
5.(ほいほいのほい) ~ジャコマン船
6.(おふくろ) ~母から海に
7.(いろのうた) ~南回帰線
8.(まるい心) ~師匠
9.(妻へ) ~妻から海に
10.(見えない手袋) ~港町雪月花
11.(島の小駅) ~豊後水道
12.(出航) ~足摺岬
13.(て・に・お・はも国) ~海峡の春
14.(百円貸せとはなにごとだ) ~酔将伝
15.(むすこへ) ~親子船
16.エピローグ (あとがきのうた)
17.(予定情報) 全16曲収録予定 (曲順未定)




ジャンル : 音楽

コメント

星野さんの曲は永遠です。

通りすがりさんコメントありがとうございます。

星野さんは残念でしたが、星野さんの曲は
これからも日本人の応援歌として末永く残
って行くでしょう。

あと、後半部のご要望ですが最初ご指摘の
意味がよく分からなかったのですが、実際
携帯で自分のブログを見て理解出来ました。

自分のブログを携帯で見る事がないので、
ご指摘頂き感謝致します。

少し時間がかかるかもしれませんが、テン
プレートの変更等試して改善されるように
頑張ってみます。

今少しお時間下さい。

Re:

星野さんほんといい歌残されましたよね。残念です。全く話が変わりますが、私は今携帯で見てます。それで、携帯で見たとき、一画面にリンクされた箇所が一カ所しかない時、その部分が塗りつぶされて読めません。リンクをクリックして移動すれば分かるのでしょうが何分携帯なもので。何とかならないでしょうか?

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。