1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


図書館での音楽の楽しみ方

図書館を利用して音楽を楽しむ

お住まいの近くには図書館はあるだろうか?

私は比較的図書館へは足を運ぶ方で、あらかじめ自宅で
図書館のホームページの検索機能を使いお目当ての書籍
があるかどうか、またその時の有無を含めて調べてから
出かけるようにしている。

少し専門的な本やネットで調べても今ひとつと言った分
野の書籍を借りたり、あと雑誌類を見ることが多い。

昔に比べると文芸的な作品を読む機会がかなり減ってしま
い最近は実用的な本ばかり手に取る事が多い。

このブログを初めてから、音楽に関する書籍も何度か手に
したことがある。私の場合、何もかもがあやふやなので、
調べるのと、確認する作業も非常に多くなる傾向にある。

それでも、音楽に関する書籍は田舎の図書館といえどもか
なりの種類がありとても全部読破できそうにない。

書籍の方はそのような感じであるが、最近は図書館で昔な
かったサービスが数多くみられる。





図書館にも技術革新の波が・・・

その一つが、音楽CDやDVD、ビデオの貸出しである。

このサービス自体もうかなり前から最寄りの図書館
ではやっていたように思う。その頃からすると、かな
り収蔵CD&DVDの数は増えているが、残念ながらとい
うか不思議な事に私はこれまでその音楽関連ソフト
を借りた事がない。

貸出しは無料なので、利用しない手はないのである
が、今まで利用する縁がなかったのであろう。

利用は説明するまでもなく、図書館で登録してカー
ドを作り、借りたいCDを窓口に提出して2週間ほど
無料で借りれるようなシステムだと思う。

一般のレンタルCDショップの無料版と言った感じで
ある。

それが、図書館に関するニュース記事を見ていたら
今の図書館では、実社会と同じように進んだサービ
スを提供している所がある事を今回初めて知った。


図書館で音楽配信サービス

このブログでも何度も書いているが、この数年で音楽
を楽しむ環境が激変している。CDが売れなくなり、か
わりに音楽を手に入れる手段は、iTunes Storeを始め
とする、音楽配信サービスの方へ大きく移行してしま
った。

この流れが、図書館にも押し寄せて来ているらしいのだ。

私が住むエリアの図書館では恐らくまだこのような、
サービスは行われていないと思うが、図書館で音楽配
信サービスを始めている所が増加しているそうである。

仕組みは、図書館がナクソス・ジャパンが運営する、
ナクソス・ミュージック・ライブラリーと契約して、
契約した図書館の利用者は所定の手続きをすれば、
60万曲以上の音楽が自宅で聴き放題になるサービス
ということらしい。

このサービスを導入しているある図書館では、利用
したい人に対し、専用のIDとパスワードを発行しそ
れで自宅パソコンからサービスを利用出来るように
なるそうだ。

しかし、このIDとパスワードには2週間の利用期限
があるそうで、2週間以内であれば何度でも利用可
能ということらしい。

ナクソスのサイトを見てみたが、曲がクラシックが
現在中心のようである。

将来的には一般のポピュラーな曲までサービスが広
がるであろうから、これから先が楽しみである。

この流れは、もちろん本、電子書籍の方へも当ては
まることであろう。

便利になるが、なんとも複雑な感じがする。




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。