1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ending on a High Note: the Final Concert/+DVD a-ha

a-haなんて懐かしすぎるじゃないか

Ending on a High Note: the Final Concert/+DVD
Ending on a High Note: the Final Concert/+DVD

a-haが解散していた。上のCDジャケットに書かれた
ファイナル・コンサートの文字が目に入り気が付く。

昨年の春から最後のツアーを開始し、12月の母国
ノルウェーのオスロでのライブを最後に活動に終止
符打ったとのこと。

a-haを知ったのは私がまだ10代の頃だったと思う。
ヒット曲「Take on me」のプロモーションビデオが変
わった作りをしていて、どうやって作っているんだろう
と友人と話をしていたのを思い出す。

あれから27年経つようだ。何だかマジで年取ったと
感じてしまう。ww そんな若かりし頃の思い出のバ
ンドについて少々。





ボーカルのモートンは実力派のシンガーだったと思う

あの当時、ノルウェー出身のバンド自体が珍しかった
と思う。私は他に思い出せないが、ひょっとすると有名
なバンドやミュージシャンを忘れているかもしれない。

そんな珍しさより当時はやはりa-haの曲に惹かれたの
が大方の音楽ずきの人たちの動向ではなかっただろう
か?

特にボーカルのモートンの歌声に惹かれた方は多かっ
たはず。デビュー曲の「テイク・オン・ミー」で聴かせて
くれた彼の歌声はまさに北欧を連想させるような透き通
ったハイトーンボイスから、ずしりと重みのある低音まで
同じ人物が歌っているとは思えないような歌声を聴かせ
てくれた。

あれから三十年近くたつが、メンバーの年齢がいくつぐ
らいなのかと調べてみたら、モートンでわたしより7歳年
上なので、まだまだいけそうな感じがしてしまった。

しかし、この業界ばかりは年がいって体力がまだあるか
らといって音楽活動が出来るほど甘くはない。時代とと
もに音楽を聞く人の好みも大きく変わる。

ちょうどa-haのデビューした頃のヒットチャートの曲を振り
返って、現在のヒットチャートを見るとその曲調や雰囲気が
まるで別物であるように感じるに違いない。

同じ地球上の音楽だとは思えないと思う。

そんな激しい時代の流れの中、a-haは三十年近くバンド
活動、音楽活動をやってきたのである。これは賞賛に値す
ると私は思う。

というか、このような書き方をするとa-haがかなり落ち目に
なって辞めていったように書いているようだが、確かに全
盛期の人気はないかもしれないが、まだまだビジネス的に
はいけたように私は思っている。

では何故活動停止を?

それが音楽業界なのだと・・・。


久しぶりにモートンの最近の写真を見た。お腹まわりを見
ると親近感がわくような光景であった。

ひょっとすると、その事が原因で・・・。w

それはないであろう。

Ending on a High Note: the Final Concert/+DVD
「Ending on a High Note: the Final Concert/+DVD」
 [CD]
 アーティスト:A-Ha
 レーベル:Universal Import
 発売日:2011-04-12





ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。