1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どーも 小田和正

音と詞(ことば)のマイスター。6年ぶりのNEWアルバム。

どーも
どーも

小田和正御大が久々にアルバムを出される。

シングルカットが既に、3曲決まっているらしくまたいつも
のようにタイアップ曲も多数収録されているようで…にして
は曲数が少ない…などとは決して言ってはいけない。w

しかし、小田御大が久しぶりにアルバム作ってる最中「小
田さん今レコーディング中なんだって。新しいアルバム出る
らしいよ」みたいな噂はこの業界すぐに広まると思われる。

となると、業績不振にあえぐ大手企業が「小田さんアルバム
作ってるの?今度うちのCMに曲タイアップしてもらえないか
な~?」と手を上げる所が多数でたはず。

とりあえず、順番に並んで・・・残念なことに今回11番目の
企業はそのチャンスに恵まれなかったと思われる。

景気の低迷感が漂う今の日本。是非御大には曲でもって
経済を活性化して頂きたいものだ。






小田御大の曲はスコアを見るともっと凄い事が分かる

その昔、若かりし頃、今と違って楽器を演奏するのに夢中になって
いた頃がある。ギターにベースにドラム、挙句ピアノまで手を出して、
中学の時は音楽の授業で合唱のピアノ伴奏までやらせて頂くほど
バカがつくほど楽器演奏に夢中になっていた。

基本音を聴いてコピーしていたが、ピアノの伴奏などとなると到底
そのような事はできない。全く訓練を受けた事がないので、とにかく
楽譜を手に入れその通りに音を出すように頑張っていた。

高校に入った頃だったか、坂本龍一氏の戦メリのピアノバージョン
を聴いていたく感動し、なんとか自分でも演奏できるようになりたい
と楽器店へ行った。まだ曲が発売されて間がなく、楽譜が発売され
るような時期ではなかったので当然田舎の楽器店にはスコアはな
かった。

で、あきらめていた所、本屋で立ち読みしていた音楽雑誌に戦メリ
のスコアがのっていたのだ。運命的な出会いであった。その瞬間
私は坂本龍一になれたと思った。w

で帰宅してさっそく練習に入ろうと楽譜を見ると…w( ▼o▼ )w オオォォ!!

驚いたのである。当時素人の私の耳には、戦メリは曲の頭から同じ
リフの繰り返しが続くので簡単だろうと思っていたのが、なんのなん
の南野陽子!小節単位で見ると同じところが全くなかったのである。

曲をよく聴くとわかるが、微妙に和音が変わって、曲が進行していく
のだ。さすが教授とど素人の私はそこで唸っていた。ww フォークや
ロックとは曲の構造が違うことをそこで知った。

これと同じ事が、小田御大の曲にもあった。オフコースの曲をやりたい
とだれかが言い出したとき、鍵盤をやるやつがいないので私に白羽
の矢がたったのである。

コピーしている時間がなかったので、なけなしの小遣いをはたきオフ
コースのスコアを購入したのだ。装丁が黄色のやつで、大型スコア
で値段も結構したように思う。最初に練習したのが「Yes No」。

キーボートのパートの譜面をみると、上にコード名が入ってその下の
五線譜に音符が入っている形だったと思うが、同じフレーズであって
も同じ和音が入ってないのに気づいたのだ。

あのスコア通りに御大が演奏してたとは思わないが、その繊細なコー
ド進行にえたく感心させられたのを覚えている。さすがアーキテクト小田
である。w

小田御大の作品群は、美しい建築物を見るようで、曲の音の美しさ
や御大の声の美しさは万人が知るところであるが、当時の私は御大の
楽曲に一流建築家が織り成すような譜面の美しさを感じた。

おそらくこの事は音楽を専門に学ばれた方が見るとそのような事は感じ
られないかもしれない。

何も知らなかったので私はそのように感じたのではないかと思っている。
かなりあとになって、小田御大が大学で建築を学ばれていた事を知って
私は再度驚いたのを覚えている。


今回震災で日本はこれまでにない甚大な被害を受けてしまった。人、
建物、人生、生活、人々の心・・・全てのものが滅茶苦茶に・・。

現在、復興にむけて多くのミュージシャンや歌手の方々が色々な活動
をされている。そんな中、私は「音、詞(ことば)、建築」に造詣が深い
小田御大の存在がふと浮かんだ。

被災された方々の色々なものを、御大が音符と歌詞を折なし美しい建
築物をつくりあげるがごとく、癒しつくろってくれそうな気がした。

今回の震災で色々な映像を見て、復興の足がかりにふさわしい曲と
頭に思い浮かんだ小田御大のオフコース時代の曲がある。




最初に書いた景気浮揚のこともあるが、
まずは震災の復興の足がかりを小田御大の曲で・・・

少し背中を押して頂きたい。


どーも
「どーも」
 [CD]
 アーティスト:小田和正
 レーベル:㈱アリオラジャパン
 発売日:2011-04-20
[DISC1]
1.君のこと
2.グッバイ
3.若葉のひと
4.hello hello
5.誰れも どんなことも
6.こたえ
7.やさしい雨
8.さよならは 言わない
9.今日も どこかで
10.東京の空




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。