1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細野晴臣(ほそのはるおみ) 「HoSoNoVa」

あの地震は多くのミュージシャンをも揺るがしたのだった

HoSoNoVa
HoSoNoVa

昨晩NHKの教育テレビのETV特集という番組で
音楽王、細野晴臣さんにスポットをあてた放送が
あった。

冒頭の数分間を見逃したが、久しぶりに腰を据え
てテレビ番組を1本見たような気がする。

見た感じ、恐らく、NHKさんが細野さんの新しいア
ルバム制作に昨年から密着して番組を制作されて
いたのであろう・・・。

その取材の間に3月11日がたまたま入ってしまっ
たようにお見受けした。

ナレーションを担当されてた、原田知世さんも3月
11日は細野さんとのTVロケの最中で・・・・

知世ちゃんが地震で揺れたとき、細野さんの腕を
ぱっと掴んでいたのが目に残った。

細野さんはいつもながら、飄々とされているように
私の目には写ったが、実はかなり違ったようである。






地震は物を壊したり、人の命を奪っただけでなく、
残された人々の心に大きなつめ跡を残した

番組は細野さんのミュージシャンとしてのキャリアを振り
返り、それに3月11日の出来事、それ以降の細野さんや
若手ミュージシャンの小山田圭吾氏、岸田繁氏との対談を
交えて番組が作られていた。

私が注目したのは、地震以降の細野さんの変化である。

くるりの岸田繁氏との対談で、岸田氏もお話されていたが、
あの地震以降音楽とどう対処したらよいのかと苦悩されて
自らの音楽家としての無力感を感じたとお話されていた。

同じようなことを細野さんも思ってらしたようである。

地震以降、一ヶ月楽器も握らず、歌も歌わなかったと言う
ことだった。

私が細野晴臣という、ミュージシャンに抱いていたイメージ
と、今回テレビで見た細野さんのイメージがかなり違って
見えた。

私が思っている以上に、地震は細野さんにとってショック
であったのであろう。

それで細野さんもこれから音楽とどう対処していったらよい
のかと心を痛められたようである。


ベーシストということもあり、いつもどっしり構えて動揺など
表面にだされることはない方だと思っていただけに、今回
のことは私にとってもショックな出来事であった。

番組途中、地震発生時、知世ちゃんが細野さんの腕を掴ん
でいたシーンがあったが、細野さんの心もあのとき相当揺
れていたのであろう。

これは別段、細野さんがあの状況でうろたえていた事に
ショックを受けたのではない。

日本が誇る、天才音楽家の心までもを今回の地震は傷つ
けてしまっていた事にショックを覚えたのである。


新しいアルバム「HoSoNoVa」は好評のようで、売上枚数
もかなり上がっているようである。

細野さんの音楽を待ちわびているファンが日本には沢山
いるのだ。

また細野さん同様、心の傷を負った方も日本には沢山いる。


細野さんに、今回の地震で負った傷を治して下さいとは
言わない。しかし、細野さんの奏でる「音」で地震の事を
わずかばかり忘れさせてほしいと願う人が大勢いるような
気がする。

細野さんの音楽は、その事が可能だと思う。

細野さん。

今の日本に、音をもっと下さい。

HoSoNoVa
「HoSoNoVa」
 [CD]
 アーティスト:細野晴臣
 レーベル:ビクターエンタテインメント
 発売日:2011-04-20
[DISC1]
1.ラモナ
2.スマイル
3.悲しみのラッキースター
4.ローズマリー、ティートゥリー
5.ただいま
6.ロンサム・ロードムービー
7.ウォーカーズ・ブルース
8.バナナ追分
9.レイジーボーン
10.デザート・ブルース
11.カモナ・ガール
12.ラヴ・ミー




ジャンル : 音楽

コメント

Re: 人生は螺旋状である

kapirajaさんコメントありがとうございました。

> それと、自分のブログに書き損なってしまったのですが、細野さんのおっっしゃっていた言葉で一つ、印象に残った言葉がありました。それは「人生は直線ではなく螺旋状になっている」という言葉です。
>

この部分は重要ですよね。

言われると思い出せますが、私忘れてました。


> これは創作活動をしてきた人だからこそ出てきた言葉ともいえますが、どんな生き方をしているかは関係なく、全ての人生は螺旋状になっているんですよね。それに気が付くか、気が付かないかというだけで。

細野さんどういうふうにおっしゃってましたっけ?

2次元的に見ると、同じところにいるように見えるけど
実は螺旋状に・・・・みたいな感じでしたっけ?

含蓄ありますよね。

細野さんの音楽がまさにこの言葉通りなんでしょうね。

聴く人が聴けば同じように聴こえる細野さん曲。実は
聴き方を変えれば、まったくその実態が違っていた・・、
みたいな。

細野さんの演奏されるベースで、私はまさにこの事を
実感しているような気がします。

ここ数年、ライブで「Riot in Lagos」を演奏されるときの
細野さんのベースがまさに螺旋状というか・・・

あまり音楽に興味ない人が聴くと、ここ数年ライブで
演奏されている「Riot in Lagos」って、同じように聴こえる
んでしょうが、昔からそうですがこの方達の演奏は1回と
して同じ演奏はないですよね。

細野さんのベースも一回として同じ演奏はないように
思います。

細野さんのベース、螺旋状で聴く人が聴けば同じように
聴こえるのでしょうが、よく聴くと変化してますよね。

変化してるのに、常にグルーヴ感が失われない。

まさに神のベースだと私は思います。

最近では、2004年のライブでの細野さんの「Riot in Lag
os」でのベースは私失禁しそうなぐらい好きです。


人生は螺旋状である

こんばんは。

自分のブログでこの番組の事を書く前に、こちらを拝見させてもらったので、似たような感想になってしまいました(^^;)

それにしても、あんな細野さん初めて見ましたね。

コシミハルさんも「こんな気持ちになったのは初めて」とおっしゃっていましたが、ミュージシャンの方に限らず、あらゆる人に先の震災は様々な疑問を投げかけたのだな、と改めて感じました。

それと、自分のブログに書き損なってしまったのですが、細野さんのおっっしゃっていた言葉で一つ、印象に残った言葉がありました。それは「人生は直線ではなく螺旋状になっている」という言葉です。

これは創作活動をしてきた人だからこそ出てきた言葉ともいえますが、どんな生き方をしているかは関係なく、全ての人生は螺旋状になっているんですよね。それに気が付くか、気が付かないかというだけで。

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。