1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


面影ラッキーホール「ティピカル・アフェア」

こんなバンドが存在したのか・・・・田舎者には強烈すぎるwww

ティピカル・アフェア
ティピカル・アフェア


今回は、良い子のみんなはご遠慮願いたい。w

良識ある大人の方のみご一読いただければ・・・と思っ
ている。


それは、初めて見るバンド名で、最初新人バンドさんのア
ルバムなんだろうと高を括っていた。

しかし、その真祖は笑うぐらいぶっ飛んだ中堅バンドであ
ることが判明。普段から、日本の音楽業界に対し色々ボヤ
いている私であるが、このようなバンドが現在も存在してい
るという事をしると、いくぶん安心感を覚えるような気がした。

あくまでもそのような気がしただけである。www

気がしたのは、錯覚かもしれない。www






今後もこのスタイルを押し通す気なのであろうか?w

私の貧相な想像力では、バンド名の面影ラッキーホール
と今回のアルバムジャケットからはその過激性と危険性
を察知することは出来なかった。w

しかし、何かに惹かれるように、その蓋を私は開けてしま
ったのである。www

まさにパンドラの箱を開けてしまった感がある。バンドの
みなさんには申し訳ないが、田舎者にはあまりに刺激が
強すぎる。

はっきり言って子供にはNGなバンドであることは・・・・。


ご存じない方は、少しググって頂くとその全容がすぐに
明らかになるので、トライして頂きたい。

これまでに発売になったアルバムの中身を見せてもらう
と、まずそのタイトル、曲名がぶっ飛んでいる。w これは
一生NHKの紅白歌合戦には出ることが、出来ない覚悟で
作った歌だといえよう。ww

Youtubeに曲の動画がいくつかアップされていたので、
早速聴かせてもらったが、アルバムが発禁になった過去
があるのが分かるぶっ飛びようであった。

しかし、冷静に見れないが、見てみると結構社会派の
硬派な一面ものぞかせているように思えた。

バンドの公式サイトのプロフィールの欄に、

それまでは演歌という限られたジャンル特有のものだった
「1人称のおんなうた」の概念をはじめて他のフォーマット
に持ち込んだ功績は大きい

とあった。なるほど考えたものだ。

考えようによっては、スタート時からライバルが殆どいない
と考えられなくもない。ww その辺のことが、過激ながら現
在もなお日本のこの音楽業界で生き残れている要因になっ
ているような気がする。

ウィキなどを見ると、バンドの紹介欄に日本のファンクバンド
と書いてある。w ファンク好きの私が知らなかった日本のフ
ァンクバンドである。www

たしかに、ファンクという音楽に、演歌の世界でしか存在しえ
なかった一人称の女歌をもちこもうと・・・・普通はそんなことは
考えない。wwww

なかなか、面白そうなバンドに思えてきた。


このバンド形態で、これから先、10年、20年と活動することは、
普通のバンド活動の数倍困難であることは想像に難くない。

健闘をお祈りしたい。


ティピカル・アフェア
「ティピカル・アフェア」
 [CD]
 アーティスト:面影ラッキーホール
 レーベル:Pヴァイン・レコード
 発売日:2011-06-08







ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。