1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


間慎太郎(はざましんたろう)「グッドモーニング・ジェントルマン」 [CD+DVD]

お父ちゃんによう似てはるわ~w

グッドモーニング・ジェントルマン
グッドモーニング・ジェントルマン


ご本人には大変申し訳ないが、やはり鉄人”間寛平”さん
の息子さんという形容をしてしまう。

その間慎太郎君の新しいアルバム「グッドモーニング・ジェ
ントルマン」が今週リリースになる。

九州で生活していたら、なかなか姿を見る機会もなく、元来
テレビ自体をあまり見ないので増々拝見するチャンスも少な
い間慎太郎君である。

私が一番最近彼の姿をみたのは、やはり寛平さんのアース
マラソンの時であった。






彼の歌には間家の良き家族のエッセンスが詰まっているように思う。


寛平さんのアースマラソンの時は何度もらい泣きをさせら
れたことか・・・。

ボスこと忌野清志郎死去の一報を、アースマラソンの最中
に電話で受けた寛平さんが大泣きしたシーンを見せられた
ときは私も鼻水が止まらないほどの大量の涙を流させてい
ただいた。

あの寛平さんが大きな声を出して泣いていた姿と、地球を
一周してしまった気骨には大きな乖離があるように思う。

違和感と言ったらよいだろうか?

鉄人との称号も霞んでしまいそうな偉業を達成した寛平さ
んには、あの涙する姿が私にはどうしてもマッチしない。


また以前より寛平さんに対しては、”違和感”と”マッチしな
い”と言う感じがもう一つ私の中ではあった。

大変失礼な物言いになるかもしれないが、その違和感と
は、寛平さんの奥様、光代さんである。

寛平さんのあの顔で、どうやって口説いたのであろう?www
スイマセン、ゴメンナサイ。

昔大阪にいたころ、寛平さんと奥様が一緒にテレビに出て
らしたのを見て、違和感を感じ、同時に羨望のまなざしを
送っていた。

冗談抜きで寛平さんが羨ましい。もし、私が若い時、現間寛
平夫人、光代さんが側にいたら、私はプロポーズをしていた
と思う。ww

しかし、悲しいかな目が細い、エテ公の真似が上手な男性
が現れ光代さんをさらっていくのであった。ww

当たり前であるが、寛平さんと競って勝てるわけがない。

アースマラソンのときも、何度も現地に足を運ばれ寛平さん
のサポートをされていたが、時折カメラの前で長年連れ添っ
た夫婦の照れを見せられることがあった。

その照れの裏に、本来のご夫婦の愛が隠れていたように
思う。

どの辺だったか、マラソンの途中、スタッフの方々がご夫婦
の結婚記念日を祝われた時があった。あのとき、ご夫妻が
まわりのスタッフの方々に何度もありがとうの言葉をかけら
れ、光代さんは涙されていた。

ここでも、私は涙をいただいた。

あの涙には色々なものが詰まっているはずである。 それ
を考えると涙が出てくる。

泣く回数でいうと、寛平さんの方が多かったように思うので
光代さんの涙の方が、より多くの色々なものがつまっていた
のではないかと思う。


そんな私が惚れた女性と、尊敬する男性のご子息が歌を
作られているのだ。まずいわけがないではないか。

何度も、言われているようであるが今の慎太郎君はなに
かの拍子に、ほんと寛平さんご本人に見える事がある。

また顔をみると、目元などに母上の血を引かれているの
も見て取れる。

それを踏まえて、彼の曲を聴くと・・・・。

彼の曲には間家のエッセンスがところどころに詰まって
いるように思う。優しさは父親譲り、温かみは母親譲り
・・・・そんな間家の血が彼の曲には流れているのだ。


よく男は、父親の壁を越えるのを一つの目標にという話
が聞かれる。その点、間慎太郎というミュージシャンは
普通の人と比べるとかなり大きな壁を超えないといけない。

とてつもない大きな壁が彼のまえには立ちはだかっている。

凡人が傍目で見ると、有名人の親を持ってだとか、あるい
は偉業を成し遂げた親をもって大変だとか思うかもしれない。

しかし、凡人とは違って、そんな超えなければいけない大き
な壁を持っているのは非常に幸せなことだと思う。

壁を越えるのは地球を一周することより難しいかもしれない。

しかし、その壁を乗り越えようとチャレンジする事は、地球を
一周しようと思う気持ちよりひょっとすると意義のあることで
はないだろうか?

彼にはアースマラソンより長い道のりがこの先待っていると思う。


グッドモーニング・ジェントルマン
「グッドモーニング・ジェントルマン」
 [CD]
 アーティスト:間慎太郎
 レーベル:よしもとアール・アンド・シー
 発売日:2011-06-08
[DISC1]
1.遥か
2.ヒーロー
3.遠い空の下
4.リピート
5.口笛
6.くだらないお話
7.ボクが歩く道の途中とキミが歩く道の途中
8.30~ジェントルマンの夜明け~
9.いつかのボール
10.たしかに僕らは生きている
11.SOMEDAY -Bonus track-





ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。