1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DAISHI DANCE(ダイシ・ダンス)× →Pia-no-jaC←(ピアノジャック)「LIVE project. @ ageHa, TOKYO 2010.8.14」 [DVD]

→Pia-no-jaC←はかなり、相当、めちゃめちゃユニークである

LIVE project. “@ ageHa, TOKYO 2010.8.14” [DVD]
LIVE project. “@ ageHa, TOKYO 2010.8.14” [DVD]

見るからに目を引くジャケットデザインである。

子どもが見たら泣き出す可能性が高い。で、何なんだ
と詳細を見てみると、DAISHI DANCEの名前が見える。

超有名とかそんな話ではない、日本のハウス界で彼を
知らない人はまずいないであろう。私でも知っている。w

で、どうやらDAISHI DANCEのライブDVDのようであるが
まず気になったのが、値段が安すぎる・・・。DVDでこの
値段でペイできるのか?と思ってしまった。

いらぬ心配であった。

で、DAISHI DANCEの横になにやら書いてあるが読めな
い。というか何と読むのか分からなかった。で少し調べて
みた。






→Pia-no-jaC←これでピアノジャックだそうだ

うん、そういうことである。→Pia-no-jaC←でピアノジャッ
クと読むそうである。なんだかややこしいので調べてみた。

と、この→Pia-no-jaC←、ピアノとカホンのインストユニット
らしく、その使用楽器、Piano(ピアノ)とCajon(カホン)を左右
から読んだときに上の表記になると算段らしい。

そのように説明されるとなるほどと納得してしまう。

ピアノとカホンが左右から合体して、ピアノジャックとなった
ということのようだ。

ピアノにカホンを持ってくるのがもう普通ではない。w 普通
であれば考えもしないであろう。そこには想像性が豊かで
ないと発想できない世界がありそうだ。

どんな音楽を奏でるのかと、ちょっと探ってみると、これが
これがなかなかどうしてwww。私がYoutubeでみたやつは
殆どクラシックの名曲のカバー曲といった感じの楽曲ばかり
であった。

色々と音楽に関するアイデアはこれまでに出て、殆ど出尽く
したのではないかと私は思っていたが、見つければまだまだ
色々なアイデアが出てきそうな感じを、このユニットの演奏
は持たせてくれる。

で、この→Pia-no-jaC←がDAISHI DANCEと・・・。

DAISHI DANCEというと、私などはメロディアスな曲をイメー
ジするが、→Pia-no-jaC←の音楽はかなり異質な感じが
してしまった。

この私などが違和感を感じるようなところが、この2つのユ
ニットが演る価値があるのではないかと思ってしまった。

この発想というのは、単に心地良い音楽をつくるだけでな
く、異質なものを出合わせる事によっても新しいものがう
まれるというような事を教えてくれているような気がした。

こんな発想がなかったら、この業界とくにクラブなどで活躍
してるDJは生き残っていけないように思った。

このような事を書くと、この二組のミュージシャンがいかにも
大変な事をやっているような感じがするかもしれないが、お
そらく才能がある人にとっては、大変とか苦労とか言うことは
おそらく全くないと思う。

逆に現在やっていることが、楽しくて仕方がないとか・・・。

ミュージシャンはやはりそうでなくちゃいけないのであろう。


LIVE project. “@ ageHa, TOKYO 2010.8.14” [DVD]
「LIVE project. “@ ageHa, TOKYO 2010.8.14” [DVD]」
 [DVD]
 レーベル:バウンディ
 発売日:2011-06-22






テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。