1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Above & Beyond 「Group Therapy」

洗練された音で紡がれたトランス?

Group Therapy
Group Therapy

この手の音楽を聴いていることを公言すること自体
はばかられる年であるが、あえて取り上げさせてい
ただきたい。

トランスというジャンルの音楽は音楽好きの方の中
でも避けて殆ど聴かれない方が多いように思う。

特にご自身が大好きなミュージシャンのカバー曲をト
ランスなどにリミックスされたやつを聴いたりすると、
半ば無条件で毛嫌いされているような感じも私には
受け取れる事があった。

私は特別トランスは好きではないが、聴かないことも
ない。生理的にまったく受け付けないような事はなく
聴いてみて自分で良いと思った曲はそれ以降続けて
聴いたりもする。

一度、Youtubeで大野雄二さんのルパン三世の例の
テーマ曲をトランスアレンジしてあったものを見つけて
聴いた事があったが、私は凄く良く出来ている曲だと
思った。






日本でトランスを理解して聴いてくれる人はなかなか増えないと思う。

そのルパン三世のトランスバージョンの動画には
前置きが長いとか、ルパン三世の良さが損なわれ
ているとか、とにかく否定的なコメントが多く見られ
る。

トランスではなく、ハウスよりのサイケでは?という
コメントだけは私も同感できる部分があるが、曲その
ものの完成度は私は高いのではないかと私は思った。

イントロ、前置きが長いというのは・・・ちょっと論外
なような気がする。あの前置きがあって、その後の
部分が引き立つのであろう。

まあ好き嫌いでしか、曲は聴かないでしょうからいく
ら色々な事を言っても無駄なことだと思われます。

これと同じような現象が起きそうなトランス系のユニ
ットがイギリスにいる。

Above & Beyond というグループである。

私がこのAbove & Beyond を知ったのは浜崎あゆみ
嬢の代表曲Mのトランスミックスを聴いたのが初めて
このグループ知ったきっかけだったように思う。

Cyber TRANCE presents AYU TRANCECyber TRANCE presents AYU TRANCE
Ayumi Hamasaki 浜崎あゆみ


そこからアメーバのように彼らの曲を何曲が漁って
聴いた。笑うのは日本の歌手やグループの楽曲を
リミックスしているのが結構あるようで・・・。

エイベックスさんからのオファーでこうなったのか?

それらを聴いて感じたことが、トランスと呼ばれている
ジャンルで活動しているのかもしれないが、その音か
らは絶妙のバランス感覚を感じ取れるような気がした。

あまり、売れたいみたいな感じもなく、トランスどっぷり
って感じでもない、しかし音のツボは押さえているみた
いな・・・。

さきほど触れたルパン三世のリミックスも同じような感
じが私にはした。この分野のDJやミュージシャンはか
なりの数、全世界にいるであろうがやはり人気がある
ミュージシャンやDJは普通の者にはない何かを持って
いると私は思う。

単にトランスだからという偏見に似た感じで、頭ごなし
に否定したり、毛嫌いするのは私はあまり賛成出来ない。

先入観をとりはらい曲を聴くのはかなり難しいと思うが
それが出来ずに曲を否定するのは、なんだか違うような
気がしてならない。

このAbove & Beyondが日本でどのような評価を受けて
いるのか私は全く知らないが、私が見てきた流れでは
なんだか彼らは正当な評価を日本では受けないような
気がして・・・。

その分、彼らの音楽を多くの人に聴いてもらい、リスナー
の掘り起こしをすれば幾分支持者も増えるような気がする。

Above & Beyond 公式サイト

Group Therapy
「Group Therapy」
 [CD]
 アーティスト:Above & Beyond
 レーベル:Anjuna Beats
 発売日:2011-06-14




ジャンル : 音楽
タグ : &

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。