1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Matthew Halsall 「On the Go」

若い彼のトランペットから放たれる音は既にビンテージ化している

On the Go
On the Go

イギリスのマンチェスター出身のバンド、ミュージ
シャンというとこのブログでも数多く取り上げてき
たようにおもう。

よって、マンチェスター出身のロックバンドなどを
上げろと言われると結構出てくるはずである。

しかし、マンチェスター出身のジャズマンを上げろ
と言われたら、身じろぎして、その後思考が停止
に陥ってしまいそうな気がする。

今回はそのマンチェスター出身の私が知っている
数少ない、いや一人しか知らないwジャズマンを
取り上げたい。






タモリさんにも勧めたい彼の1stアルバム。知ってるだろうか?

マンチェスターは確かに世界に知れ渡る著名な
イギリスの都市であるが、人口はそれほど驚くほ
ど多い都市ではない。

東京の約6分の1の人口で、日本の都道府県別
の人口順位にてらすと、長野県より多く、宮城県
より少ない16位という順位になるようだ。

しかし、このマンチェスターからは何故だか著名
なというか売れるミュージシャンが多数輩出されて
いる。

多分音楽の神様を祀っている神社だとか、お寺
が沢山あるのであろう。w いや冗談抜きでなぜ
これだけ多くのミュージシャンやバンドが次から次
へと出てくるのかその原因を私は知りたい。

特別な音楽教育をしているのか?音楽に触れる環
境に恵まれているのか?マンチェスターへの音楽
関連ツアーみたいなものがあれば、私は参加して、
この長年の疑問を自分の目で確かめ答えを出した
いものである。

で、このマンチェスター出身のジャズマンを取り上
げたい。Matthew Halsall、若干26歳のトランペッター
である。

ジャズがお好きな方であればご存知の方も多いと
思われるが、このMatthew Halsallのデビューアルバ
ムがすごいとの事で、その言葉につられ私も聴かせ
てもらった。

デビューアルバムのリリース時、まだ彼は22歳という
若さであった。しかしながら、彼のトランペットから発せ
られるその音は年代物のワインのように既に熟成した
音のように私には聴こえた。

1st、2ndとジャケットのデザインもなんだか、日本の昭
和というか、もっと言えば戦後日本の原風景を想起させ
るようなジャケットデザインに私には思え、そのイメージ
が強かったもので、音までそのイメージに釣られてしまっ
たような感がある。

その一方、クラブのDJなどが彼の曲をこぞって取り上げ
ているようで、音楽シーンの先端をいく音ともいえるのか
もしれない。

あと数年もすれば、ギャラガー兄弟に並ぶような有名人
になっているかもしれない。ジャンルは違うが、サッカー
マンチェスター・ユナイテッドのルーニーやオーウェンよ
りは有名になってほしい。w

なれる実力は彼にはあると思う。

Matthew Halsall  Myspace

On the Go
「On the Go」
 [CD]
 アーティスト:Matthew Halsall
 レーベル:GONDWANA RECORDS
 発売日:2011-06-18
[DISC1]
1.Music For A Dancing Mind
2.Song For Charlie
3.The End Of Dukkha
4.Samatha
5.The Journey Home
6.The Move




テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメント

Re: No title

kumac さんコメントありがとうございます。

早速ですが、ブログの方拝見させて頂きました。
素晴らしいジャズのブログで、少々嫉妬します。w

ジャズ自体私は大変好きですが、全く勉強不足
で、それこそタモリさんのジャズ講座がテレビで
あれば、一から勉強させて頂きたいと思っている
次第です。

タモリさんのジャズに関する蘊蓄が聴ける番組が
最近めっきりなくなりましたよね・・・・。

昔の番組はYoutubeなどで見る機会がありました
が、きちんと最初から最後まで見た記憶はないよ
うに思います。

私のブログもそうなんですが、ジャズは最近今ひ
とつ人気がないのでしょうか?

素晴らしいジャズマンがいましたら、是非ご紹介
下さい。

では、ありがとうございました。

> 初めまして、Google検索からやって参りました。「タモリさんにも勧めたい彼の1stアルバム」知りませんでした。追っかけ、聴きたいと思います。マンチェスター・ユナイテッドに負けない位の意気込みを感じるサードアルバムですね。トラバさせてくださいね。

No title

初めまして、Google検索からやって参りました。「タモリさんにも勧めたい彼の1stアルバム」知りませんでした。追っかけ、聴きたいと思います。マンチェスター・ユナイテッドに負けない位の意気込みを感じるサードアルバムですね。トラバさせてくださいね。

コメントの投稿

秘密

トラックバック

Matthew Halsall『On The Go』

 イギリスのマンチャスター出身の若きトランペッターマシュー・ハルソールの3枚目の作品です。日本語の帯が付いてたので、つい日本盤かと思って買ったのですが、日本語のライナーノートはなく、英語で書かれているジャケットの文字も少なく、ネットで検索してもあまり情...

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。