1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寺久保エレナ「ニューヨーク・アティチュード」

寺久保エレナ嬢のエントリはこれでしばらく作成出来ないようになるのか?

ニューヨーク・アティチュード
ニューヨーク・アティチュード

もう彼女の事について書くのは何度目になるであろ
うか?既にその素晴らしい演奏について形容すべき
単語は私の中には、なくなってしまっている。

気づくと彼女はこの春、高校を卒業していた。

まだティーンエージャーであるがおそらく現在の日常
生活は、同年代の人よりはるかに濃くて早い毎日を
送られていると思われる。

既に音楽の世界、ジャズ界では選ばれた人のように
なってしまった感があるが、決して才能だけで現在の
名声を得たものではないと私は思う。

見えない努力が彼女の後ろにはうず高く積み上げら
れているに違いない。

その基本的な音楽に対する姿勢は今もって変わられ
てないようで、いつぞや私が見た情報が正しければ、
彼女はこの秋にアメリカ、バークリー音楽院に旅立た
れるはず。

素人からすると、もう勉強することなどないように思え
るが、彼女にとってはバークリー音楽院への留学はこ
れまでやってこられてきた事の延長になるのでは、な
いだろうか?

努力なくして、才能だけではあの演奏にはならないと
思う。それは才能だけの演奏よりも高貴である。






バークリー音楽院卒業後どんな寺久保エレナが聴けるのであろうか?

昨年の東京ジャズでの演奏後のインタビューで、
彼女の口からチャーリー・パーカーの名前が出て
いたのを記憶している。

聴くほうからすると、すぐに二人の演奏を比較した
りと少々野暮なことをしたくなるのであろうが、彼女
からするとチャーリー・パーカーは一つの大きな目
標にすぎないと思われる。


そんな事を思っていたら、彼女は二枚目のアルバ
ムを出してきた。バークリー音楽院に留学して勉強
するのではなかったのか?と再度思ってしまい、ネッ
トで調べたら、彼女のMySpaceに今秋バークリー音
楽院に留学予定とやはり書いてある。

で、このタイミングで新しいアルバムがリリースされ
る。


恐らくというか、多分というかこのアルバムは何だか
彼女の意志によって作られたアルバムではないよう
な気が私にはする。

昨年あまりに寺久保エレナ嬢が売れてしまったので
急遽スケジュールを組んで録音されたような・・・・。

この「ニューヨーク・アティチュード」、タイトルに合わせ
て録音もニューヨークで行われたそうで、録音された
のがこの4月だそうだ。

まるで、彼女が高校を卒業するのを待ってたかのよう
に矢継ぎ早に録音→リリース・・・みたいに思えてしまう。

彼女のブログを今回久しぶりに少し読ませてもらった
が、忙しすぎるのがなんだかこちらに伝わってきてし
まう。

このあと、Newアルバムがリリースされるとなると、プロ
モーションや何だとさらに忙しくなるであろう。ライブの
予定もかなり組まれている。

ジャズのライブ、フェスではもはや多くの観客を呼べる
プレイヤーになってしまっているので仕方がない。


音楽業界が低迷しているのはよく理解しているが、な
んだか寺久保エレナ嬢が心配になってくる。いらぬ心配
だとは思うが、売上アップにエレナちゃんを使うのもほど
程にして頂きたいとオジサンは思ってしまった。

こんな事であれば、早めにバークリー音楽院に留学され
た方が良いかもしれない。ww

それは、日本のジャズファンが許してくれないであろう。
というか、レコード会社が・・・ww


バークリーに留学されて、在学中というのはライブなど
をやれる時間が取れるのであろうか?よもや、勉学の
合間をぬってライブスケジュールを組むとかないよな~?

エレナちゃんの演奏はバークリー音楽院卒業後にいく
らでも聴けるはず。それまでは、彼女にしっかり落ち着
いた環境で、ジャズの勉強をさせて欲しいと切に願う。

彼女の前には、チャーリー・パーカーがそびえ立ってい
るのだ。片手間では、その壁は越えられないはず。

次回、エレナちゃんのエントリを作成するときは、バーク
リー音楽院を卒業してからにしたい。

どんな音になるのか・・・・楽しみだ。

頑張って頂きたい。世界をまたに・・・・。


※寺久保エレナ MySpaceより
Killgore Trout -Phil Wilson's Five Week Ensemble.

Erena Terakubo | Myspace Music Videos


この時の演奏がいくつの時であろうか?まわりの若い人たちも世界
中から集まった凄腕プレイヤーであろう。しかし、一番小柄なエレナ
ちゃんの演奏が突出している。聴衆の湧き方、惹きつける魅力も既
に充分もっていらっしゃる。既にカットして磨かれた宝石にさらに輝
きをもたせるため彼女はバークリーへ渡るのであろう。

ニューヨーク・アティチュード
「ニューヨーク・アティチュード」
 [CD]
 アーティスト:寺久保エレナ
 レーベル:キングレコード
 発売日:2011-06-22
[DISC1]
1.New York Attitude ニューヨーク・アティチュード -Kenny Barron-
2.One For You ワン・フォー・ユー -Sadao Watanabe-
3.Star Eyes スター・アイズ -Gene De Paul-Don Raye-
4.Oriental Folksong オリエンタル・フォークソング -Wayne Shorter-
5.That’s The Truth ザッツ・ザ・トゥルース -Erena Terakubo-
6.Invitation インヴィテーション -Bronislaw Kaper-
7.This Here ジス・ヒア -Bobby Timmons-
8.Fascination ファッシネーション - Erena Terakubo-
9.Del Sasser デル・サッサー - Sam Jones-
10.Body And Soul ボディ・アンド・ソウル -John W. Green-





テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。