1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渋谷の老舗レコード店がオークションに

音楽業界の変遷の一コマ

レコード・バイヤーズ・グラフィティ ヴァイナル・マニアの数奇な人生
レコード・バイヤーズ・グラフィティ ヴァイナル・マニアの数奇な人生

渋谷のとある老舗レコード店がオークションで売り
に出ていると話題になっている。

東京ではかなり有名なレコード店らしいが地方に
住むものにとっては全く知るところではなく、音楽好
きの私もそのレコード店の名前はおそらく初めて聞
いたように思う。

オーナーの引退に伴なう、今回のオークションへの
出品との事であるが中味を見るとなかなか買手が
あらわれるのが難しいのではないかと思ってしまった。

というかこのようなテナント用店舗をオークションに
出して法律的に問題がないのか?と最初思ったので
あるが・・・・。






地元のレコード店も気がつくと・・・・

先に気になったので、調べてみたらこのレコ
ード店の賃貸契約は営業権の譲渡は契約上
問題ないとの事であった。



で、このブログでも何度か音楽業界の現在の
厳しい状況について書いてきた。

この現象は日本だけではないであろうし、世
界的に音楽を生業としている方々には厳しい
状況であると思われる。

しかし、日本はそのような世界的に厳しい状
況であってもアメリカに次ぐ音楽産業のマーケ
ットを持った国ということになっている。

音楽業界全体の売上で言うとアメリカとほぼ
同じぐらいで、3位のイギリス以下に大きく水を
あけている。

3位の世界的なロックバンドを数多く有するイギ
リスと、4位のハウス・テクノが盛んなドイツの売
上を足しても日本の音楽業界の売上には届か
ないのだ。

詳しいデータはこちらのサイトをご覧頂きたい。

パッケージなどの売上に関しては日本がトップで
あることからすると、音楽業界ではまだまだ日本は
先進国だといえるのではないだろうか?

そんな日本であっても、時代の流れというのかレコ
ード店などは姿を見なくなった所が多い。私が若い
頃はレコード専門店というものがあったが、現在ほ
とんど見られないようになった。

レコードも確かにオーディオ好きな方とか、DJをや
られている人達には現在でもニーズはあるのであろ
うが恐らく、音楽産業のニーズからするとかなりそれ
は少ないと思われる。

うちもそうであるが、まずレコードプレイヤーがもうない。

レコードも昔のやつがかなりあるが、それを無理して
レコードプレイヤーを購入して聴こうとはなかなか思
えず、もし聴きたい曲があればネット探せば大抵見つ
かる。

レコードの音にぞっこんと言う人はレコードにこだわる
のであろうが、現代ではなかなかそのような人も少なく
なってしまったのではないだろうか?

純粋な音楽ファンとしては寂しいことなのであろうが、
これも時代の流れだと私は思う。

私自身、レコードのあの音質というか、質感は好きであ
る。録音時の空気感がやはりCDとは違うような気がする。
好きではあるが、レコードじゃないとダメだとは思わない。

私の場合は、大事なのは音楽そのものであって、音質
や質感ではないような気がする。

高級なオーディオ機器で音楽を聴くといい音がするのは
理解出来るが、それを言い出すとキリがないような気がし
てならない。


要するに何が言いたいかというと、レコードという文化を
この先まだ残し、一ビジネスとして存在させることになん
となく疑問を感じたのだ。

音楽好きなものにとって、現在の音楽業界の低迷は悲
しむべきことだと感じていた。そのこともあり、微力なが
らこのブログを運営させて頂いていくらかでも業界のお役
に立てればと思って、音楽に関する色々な事について、
言いたいことを勝手に発信させてもらっているが、今回の
ようなレコード店の譲渡や売却、はたまた店舗そのもの
の閉店という話を聞いたとき、いくらかでもお役に立ちたい
と思う気持ちが私には湧いてこない。

レコードの音が良いのもわかるし、レコードでしか記録さ
れてない音源もあるのも分かる。貴重だというだけで、時
間とエネルギーを使い残したほうがよいのか私には今ひ
とつ理解出来ないところがあるのだ。

音楽業界全体が疲弊しつつあるなか、ニーズそのものが
昔に比べると少なくなっていると思われるレコード市場を
これから先も残していった方が良いのか?

良い悪いでは答えはでないのは分かっている。

音楽業界全体を見たときどうなのか?というのが私には
答えを出すのが難しい事柄の一つとして、今回のニュース
を見させてもらった。

オーナーさんからすると、長年やってこられて愛着がある
のであろうというのは察しがつく。

そんなこともあり、単なるニュースや話題として見過ごせ
ないことに思えたのである。


しかし、いくら渋谷といっても家賃31万5千円はレコード店
経営するにはかなり厳しいように思うが・・・・。





テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。