1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WILDBIRDS&PEACEDRUMS(ワイルドバーズ・アンド・ピースドラム)

存在感たっぷりの女性ボーカルとドラム&パーカッションの異色ユニット

Rivers
Rivers


暑い日が続いております。

昼間も暑いし、夜も暑い。一日24時間どこを取って
も暑い今年の夏です。

それが、今日自宅に帰って冷蔵庫を開けたら夏場の
必須アイテム、ビールが何処にも入ってないではあり
ませんか!冷蔵室はもちろん、野菜室にも、そして一
縷の望みを託して開けた冷凍室にも入ってませんで
した。

ひょっとして、ビールを冷やすのを忘れていて、急遽
ビールを冷やすために冷凍室にビールが入っている
かもしれない・・・・そんな一縷の望みを持ちながら、
冷凍室を開けたのですが・・・。

その段階でかなり不機嫌になって、さらに暑い夏に
なっていました。

冷えてないビールがあるのかと探してみたものの、
無駄な労力であるのは既に分かっていました。

それで、かなりヒートアップした頭と体をクールダウン
するために、ビールに次ぐ夏場の必須アイテム、エア
コンのリモコンを手に取りスイッチを入れたら・・・・






これはマイア・ヒラサワに続いて日本でブームになるかも・・・


・・・・・エアコンが入らない・・・・(T_T)

なぜ?WHY?

西向きの部屋はこの時期、夕刻から強烈な太陽
の照りつけにより、サウナが営業できるぐらいの
蒸し暑さになってました。

必死にリモコンのスイッチを押しても何の反応も
ない。そこでよく見たら、リモコンの液晶表示がさ
れてません。

それに気づき、あーっ、なんだリモコンの電池が
切れたんだと思い、リモコンを裏蓋を開けてみた
ら・・・・。


ギャーッ!電池が・・・・っ。


電池が白い粉を吹いて、接触部はすでに少し錆
びてました。


そう、電池が液漏れしてたんです。


すぐに電池を本体から取り外し、中をよく見ると
接触部の所が茶色に錆びてました。これは、ひょ
っとすると、電池を交換しても本体がダメになって
いるかもしれないと瞬時に思いました。

新しい電池が自宅になかったので、ビールの件も
あったので、すぐさまコンビニへ。で、乾電池とビール
という夏場の必須アイテムをゲットし自宅へ戻りま
した。

そして、早速ビールをチビリながら、リモコンの内部を
少し拭き取り、サビの部分も除去する感じできれいに
して新しい電池を入れたら・・・

無事エアコンが動き出しました。

帰宅した時と、現在を比べるとまるで天と地の差
であります。w 夏はやっぱり、エアコンとビールは
必需品であります。


うわーっ、無駄話が長くなってしまいました。

今回は、久しぶりにQeticさんのサイトを見てたら
気になるユニットが目に入ったので、取り上げて
みました。

スウェーデンのWILDBIRDS&PEACEDRUMS(ワイ
ルドバーズ・アンド・ピースドラム)という、男女二
人のユニットであります。

先日のFUJI ROCKでひときは注目をあつめたこの
ユニットは、CONGOTRONICS vs ROCKERS(コンゴ
トロニクス&ロッカーズ)というスペシャルユニットの
一員として、今回FUJI ROCKに参加。

この本体のユニットもまた注目すべきユニットである
と思われるが、今回取り上げているWILDBIRDS&PE
ACEDRUMSはそのユニットの形態と、実際のアクト
とにかなりの乖離を感じる。

ボーカルのMariam Wallentin(マリアム・ワレンティン)
と、ドラマーのAndreas Werliin(アンドレアス・ウェルリ
ン)・・・・この二人だけでステージアクトが繰り広げら
れるのだ。

電子音が溢れる現代で、この人間の声と打楽器のみ
で音楽に対峙している事だけでも注目に値するので
あろうが、その音を聴くとそれが本物であることに気付
かされ多くの聴衆の心をつかんではなさない。

笑ったのは、今回のFUJI ROCKで演奏している別の
会場でちょうど同じ時間に、あのケミカル・ブラザーズ
がいつものように大音量で演っていたそうであるが、
全然負けてなかったそうである。

マリアムの力強いボーカルと、アンドレの小気味良いド
ラムに聴衆は耳を奪われていたのであろう。

車の良さがエンジンのパワーだけでは分からないのと
同じように、音楽も音のパワー、音量だけではその良し
悪しは決してはかることはできないと思う。

ワイルドバーズ・アンド・ピースドラムはそのことを、ライ
ブパフォーマンスで体現して聴衆に音として聴かせてく
れたのであろう。

今夜、8月3日(といっても、この記事をアップするのは明
日であるが・・・)に、彼らは東京は西麻布Super Deluxeで
ライブをやるそうである。ちょうど今頃、盛り上がっている
のではないだろうか?

今回のケティックの記事で初めて知ったので、Myspaceで
彼らの音を聴いてみた。

彼らのキラーチューンと言われている「My heart」。

冒頭から聴くと、すぐに感じたのが今年日本でもブレイクし
た、同じスウェーデン出身のマイア・ヒラサワを彷彿とさせ
る力強さを感じることができる。

スウェーデンは国土面積が日本より広い。しかし、人口は1
千万人に満たない。

人口の比率から言うと、日本の方が遥かに世界的なミュー
ジシャンが輩出されてよいはずだが・・・。

日本から世界へ発信できるミュージシャンが今ひとつ少な
いように感じるのは・・・・きっと、夏の暑さのせいであろう。wwww

また、来年の夏、来日してくれるであろう。


※WILDBIRDS&PEACEDRUMS Myspaceより

Wildbirds & Peacedrums - My Heart

Wildbirds Peacedrums | Myspace Music Videos


Rivers
「Rivers」
 [CD]
 アーティスト:WILDBIRDS & PEACEDRUMS
 レーベル:contrarede
 発売日:2010-08-18
[DISC1]
1.Bleed like there was no other flood
2.Tiny holes in this world
3.Under land and oversea
4.Fight for me
5.Peeling off the layers
6.The wave
7.The drop
8.The course
9.The lake
10.The well
THE SNAKE
「THE SNAKE」
 [CD]
 アーティスト:ワイルドバーズ&ピースドラムス
 レーベル:contrarede
 発売日:2010-02-17
[DISC1]
1.Island
2.There Is No Light
3.Chain Of Steel
4.So Soft So Pink
5.Places
6.Great Lines
7.Today/Tomorrow
8.Liar Lion
9.Who Ho Ho Ho
10.My Heart
Heartcore
「Heartcore」
 [CD]
 アーティスト:Wildbirds & Peacedrums
 レーベル:Leaf Spain
 発売日:2008-04-28
[DISC1]
1.Pony
2.The Way Things Go
3.Bird
4.I Can't Tell In His Eyes
5.Doubt/Hope
6.A Story From a Chair
7.The Battle In Water
8.The Ones That Should Save Me Get Me Down
9.Lost Love
10.The Window
11.Nakina
12.We Hold Each Other Song





ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。