1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Chick Corea(チック・コリア)

「 Return to Forever」 

1972年発売のチックコリアが結成した
バンドのデビュー作である。

バンド名、アルバム名、曲名が同じなので
少々ややこしい。






ジャズ好きではあるが、ジャズをあまり
聴かない私もこのCDは持っている。


このジャケットは今でもショップや
中古のCDショップでよく見かける。


シンプルなだけに逆に目立つ。


よくこのアルバムはフュージョンの先駆け
になったアルバムであると評されるが、
フュージョンというとなにやら
マニア向けに思えるが、
全くそんなことはなく、非常に
聴きやすいものになっていると思う。


今回取り上げた曲、
静かな感じでスタートして
徐々にラストに向けて盛り上がる構成に
なっているが、


以前車でこの曲をかけていたら
同乗者三名から、「気持ち悪い!」との
声が一斉に上がったことがある。


イントロ部分と、最後の女性の叫び声が
ダメだったらしい。


私などは全く、全く気にならないが。


チックの鍵盤と、スタンリー・クラークのベース
が聴けるのである。
ギャーギャー騒がず、大人なしく聴いて
もらいたい。


私などは、お休み用BGMとしても
いけるし、気分を高揚させるときにでも
OKである。

Return to Forever
「Return to Forever」
 [CD]
 アーティスト:Chick Corea
 レーベル:Universal
 発売日:1999-11-16
[DISC1]
1.Return to Forever
2.Crystal Silence
3.What Game Shall We Play Today?
4.Sometime Ago/La Fiesta




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。