1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ラヴ・ディス・ジャイアント」デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント

デヴィッド・バーンの横で音楽やるミュージシャンはやはり一味違う

ラヴ・ディス・ジャイアント
ラヴ・ディス・ジャイアント


私が初めて彼の音楽を耳にした時、そうトーキング・ヘッズ
を聴いた時、彼の名前は「デビッド・バーン」と表記されて
いたように記憶してます。

そうは言うものの、私がトーキング・ヘッズを聴きだしたのは
二十歳頃からだったのでそれほどディープなリスナーでは
ありませんでした。

一度このブログでもご紹介した事があるような・・・あの曲が
きっかけだったかと







「Road To Nowhere」あまりに有名なトーキン
グ・ヘッズの名曲であります。

PVも印象的で、20年以上経ったいまでも
しっかり脳裏に焼き付いています。

この曲へ導いてくれたのは、想像するに
多分教授とこ坂本龍一氏の存在があったか
らだと思います。

ラスト・エンペラーで一緒にアカデミー賞の
作曲賞だったかを受賞したのが昨日の事
のようです。

この時まだ、デビッド・バーンは髪の毛黒
かったです。ww


話の展開が急ですが、このデビッド・バーン
が若い女性ミュージシャンと一緒にアルバム
を作ったそうで、その情報が目にとまりネタ
として今回取り上げています。


その女性ミュージシャンというのが


セイント・ヴィンセント


ルックスからは想像できないですが、ギター
を弾くそうで、なんとあのバークリー音楽院に
3年間在籍していたそうで、それだけでもギタ
ーテクニック凄そうですが、

さらに驚いたのが、あのタック&パティの超絶
ギタリスト、タック・アンドレスがおじさんにあた
るそうで、一時期この「タック&パティ」のツアー
マネージャーをセイント・ヴィンセントはやって
いたそうであります。

ここまで知ると既にギターはかなりのテクニシ
ャンと言う感じがして・・・・。


Youtubeで彼女の動画を探して、ギターを
演奏している所を見たら・・・・、エレキギター
をピックなしで、フィンガーピッキングで演奏
してます。

一瞬、その手つきが御大ジェフベックのそれを
想起させるような手つきでwww。

うーん、これはデヴィッド・バーンが惚れ込む
のも頷けます。


セイント・ヴィンセント自身すでにミュージシャン
としての評価も高いそうですが、今回のデヴィッ
ド・バーンとのコラボでさらにその評価、名声共に
アップしそうです。



※4ADRecords Youtube公式チャンネルより

上記の「Who」と言う曲、現在下記のデヴィッド・バーン
&セイント・ヴィンセント の公式サイトで無料でダウンロ
ードできます。


デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント 公式サイト


B008CQCCA0ラヴ・ディス・ジャイアント
デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント
Hostess Entertainment 2012-09-12

by G-Tools








テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。