1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長崎くんちの練習見学のすすめ



今回は、地元の祭りの話題について少々。


私が住む長崎には江戸時代から連綿と継承されてきたお祭り「長崎くんち」というお祭りがあります。



毎年10月の7日、8日、9日の三日間、諏訪神社という神社で奉納されます。



この長崎くんち、本番の鑑賞席が毎年6月ごろだったでしょうか?諏訪神社で売り出されるのですが速攻で毎年完売で、なかなか一般の方はチケットが入手しにくいのが現状のようです。



よく聞くのは、チケットを取るために大学生のアルバイトを雇って徹夜で並ばせるような話は昔から聞いていました。



それほど、希少なチケットを多くの人がしゃかりきになって争奪戦をくりひろげているわけです。










それだけライブで見るのが難しい長崎くんちの出し物なので、本番とは別に場所を変えていくつか演じられることがあります。



その一つに、長崎公会堂前の広場で行われるのがあるのですが、これ普段は周りの道路から丸見えの広場に背の高い観客席を広場を囲むように作って、その中で人気の出し物を観客の人に見せるようになっています。



この観客席もバスツアーなどで売りだされているそうですが、福岡あたりから来るツアーは毎年すぐに売り切れるそうで、こちらもチケットを取るのがかなり難しいような話を聞いたことがあります。



ところが、この長崎くんちの練習というのが今月あたりから本格的に始まるのですが、これが長崎市内の各所で無料で見学ができるようになっています。



練習場所は本番が行われる諏訪神社をはじめ大波止の御旅所や、公会堂前広場、中央公園、あと安産祈願で有名な八坂神社などで練習が行われます。



私もこれまで何度か、この練習を見物に行ったことがあるのですが、衣装などは練習着?なので本番ほどきらびやかではありませんが、出し物迫力は、テレビなどで見るよりもはるかにライブ感が伝わってビンビンきます。w



今年は、以前練習を見にいったことがある筑後町の「龍踊り(じゃおどり)」があります。踊り町は順番に回ってくるのですが、その順番は7年に1回しか回ってきません。



なので、私が見た筑後町の龍踊りは7年前だったことが分かります。



あと、今年は長崎くんちで龍踊りと並んで人気がある「こっこでしょ」もあるので、かなり盛り上がるのではないかと思っています。



私は龍踊りのお囃子、長崎くんちでは「しゃぎり」と呼びますが、このしゃぎりで「龍」の鳴き声をあらわしていると言われる、長ラッパの音が大変好きです。



ラッパ関係の楽器は全く経験がないので、その難易度などは想像がつきませんが、あの竜踊りのラッパのインプロビゼーション的なフレーズを織り交ぜながらの演奏が子供の頃から耳について、すごく心地よい音色に聞こえます。









夏休み期間中に、各踊り町が長崎市内の各所で練習をするので、県外から来られる方などは一度夜にこの長崎くんちの練習をのぞきに行かれてみてはいかがでしょうか?



各踊り町の練習スケジュールは下記のリンク先にあるので事前に確認されて行ってみてください。ちなみにお盆期間中は練習は行われないので、ご注意ください。



■場所踏み(稽古)の予定スケジュール
http://nagasaki-kunchi.com/new/





ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。