1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Dexy's Midnight Runners (デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ)

バンドをやろうと考えるとき
楽器の選択、構成をバンドマン達は
どのように考えるのであろうか?


既に、バンドでやる曲のイメージが大体
出来上がっていて、それに見合った
楽器をあてていくような方法が一般的であろうか。

うちらの田舎なんかでは、とにかく
楽器が出来るやつ、もってるやつがいれば、
それをそのままかき集めるようにしか
出来なかった。


やる曲などはそのあと決まる。







私がバンドをやっていた頃、隣のまちで
バンドやってた連中のスタジオ練習を
見てたとき、あることで驚いたことがある。


ガラス越し見えるメンバーは、オーソドックスな
ドラム、ベース、ギター、ボーカルが揃っていて
あとキーボードを女の子が弾いていた。

ここまでは、別段珍しくない。


あと一人、端の方でいかにもお嬢様って感じの子が
一人立っていた。


バンドのメンバーである。


楽器はフルートであった。


当時それを見た私は、笑った。


ロックっぽい曲にフルートなんて
場違いにもほどがあると思ったのである。


ロックはあくまで、骨太でパワフルでないと
いけないというイメージがあったのだ。


しかし、演奏が始まると、その思いは完全に
かき消されてしまった。


フルートがぴったり曲にあってる。


ショックであった。



お嬢様が清楚な格好して、ロックをやってる
姿が、私の頭の中では正常に処理できないで
いたのである。


あとになって、色々な曲を聴くと、フルートは
結構使用されていることを知るが、
当時の私にとっては、かなり奇異なる
組み合わせであったことは間違いない。


そんな中、今回ご紹介する曲であるが、
曲の全体にカントリーなどで、使用する
バンジョーにフィドル(バイオリン)の
音がちりばめられている。


この曲も最初、冒頭部分を聞いたときは、
変な感じがしたのであるが、
曲が奔流を流れはじめると、気分が
高揚するとでもいようか、とにかく
楽しくさせてくれるのである。


フルートほどの、衝撃は無かったものの
この曲も、楽器の妙といおうか
ユニークな構成で、ヒットに繋がった
名曲ではなかろうか。


現代は電子楽器が幅をきかせているからか
このような驚きをもつ曲というのが
少なくなってしまった。


楽器の選択、構成も音楽を創るうえで
重要な要素であろう。





Too-Rye-Ay
「Too-Rye-Ay」
 [CD]
 アーティスト:Dexys Midnight Runners
 レーベル:Mercury
 発売日:2000-11-28
[DISC1]
1.Celtic Soul Brothers (More, Please, Thank You)
2.Let's Make This Precious
3.All in All (This One Last Wild Waltz)
4.Jackie Wilson Said (I'm in Heaven When You Smile)
5.Old
6.Plan B
7.I'll Show You
8.Liars A to E
9.Until I Believe in My Soul
10.Come on Eileen

[DISC2]
1.Celtic Soul Brothers [Multimedia Track]
2.Come on Eileen [Multimedia Track]
Searching for the Young Soul Rebels
「Searching for the Young Soul Rebels」
 [CD]
 アーティスト:Dexys Midnight Runners
 レーベル:EMI
 発売日:2000-08-23
[DISC1]
1.Burn It Down
2.Tell Me When My Light Turns to Green
3.Teams that Meet in the Caffs
4.I'm Just Looking
5.Geno
6.Seven Days Too Long
7.I Couldn't Help It If I Tried
8.Thankfully Not Living in Yorkshire It Doesn't Apply
9.Keep It
10.Love Part One
11.There, There, My Dear


今日の話題からすると、こちらの1stアルバムを
聴いて頂いたほうがいいかもしれない。




ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。