1. 無料アクセス解析
四十路、丙午おやじの音楽談義

音楽好きのオヤジがおすすめ音楽についていろいろ発信してます。ジャンルは節操なく広範囲にまたがり、色々な音楽についてお話させてもらってます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「テレ東」 相対性理論

音楽も好きであるが、お笑いも好きな
私である。

大阪にいた経験上、ボケと突っ込みが
お笑いにとって重要であることは
身をもって体験している。


プロの芸人で気になる芸人さんは
お笑いが好きな私だけに、数え上げると
きりが無い。


漫才が好きなので、漫才を演る番組は
結構チェックするほうであるが、
いま好みのの漫才師といったら・・・・・

アンタッチャブル、タカ&トシ、ブラックマヨネーズ
などの漫才が好きである。


ボケて突っ込む、オーソドックスではあるが
いずれも漫才で楽しませてくれる。





漫才はボケ担当の方に注目が集りがちで
あるが、突っ込みも重要であることは言うまでもない。


そんななか、ダウンタウン。 
今や大御所と呼ばれる位置まできているのであろうか?
このダウンタウンの浜ちゃんの突っ込みが
私は結構好きである。

ダウンタウンと言うと、松ちゃんのボケに注目が
集まりがちであるが、浜ちゃんの突っ込みが
緊張感をあたえて笑をもたらすことがある。

もう20年以上も前のことだと思うが、
大阪ローカルのダウンタウンの深夜番組で、
ハリウッドスターのジャン・クロード・バンダムが
ゲストで出演していたことがあった。

その際、浜田氏はハリウッドスターの頭を
例のごとくバシ、バシ叩いて突っ込んでいた。

超危険な空気が漂っていたのは言うまでも無い。


ミスターバンダムこめかみの血管切れてました。


バンダム氏には申し訳ないが、これが、押し殺したような
笑をうむのである。


深夜で大声で笑えないとなると、ますますおかしく
なってくる。


否定的な人もいるのは分かるが、おかしさを
堪えることが出来ない。


そんな、似たようなことが最近あった。


NHKの爆笑問題の番組に、坂本教授がゲスト出演した回であった。


教授がパソコン持参で、お気に入りの曲などを教授のPCから
紹介して、爆笑問題の二人と音楽談義を繰り広げる感じであった。


そんななか、爆笑問題の太田氏が、以前司会の○倉さんを目の前に
して髪の毛の発言をした時ぐらいに引いてしまう質問を
教授に投げかけていた。


「サザンってどうですか?」


見てるこっちが冷や冷やもんであった。


浜ちゃんとは違った、場の凍らせ方をする芸人である。


この手の緊張感がある笑が好きである。


その番組で、教授が紹介していた一曲。


「テレ東」 相対性理論。


これも、また緊張感が走った一曲であった。


NHKも寛容になったものだ。

昔は、百恵ちゃんの「真っ赤なポルシェ」がダメ
だったのに・・・・。


ハイファイ新書
「ハイファイ新書」
 [CD]
 アーティスト:相対性理論
 レーベル:みらいレコーズ
 発売日:2009-01-07
[DISC1]
1.テレ東
2.地獄先生
3.ふしぎデカルト
4.四角革命
5.品川ナンバー
6.学級崩壊
7.さわやか会社員
8.ルネサンス
9.バーモント・キス





ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

ブログ内 検索フォーム
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

気になるアイテム
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキング
世界のお守り
エケコ人形
世界のお守りブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。